オリンピック開催都市は、一時的な世界首都である

オリンピック開催都市は、一時的な世界首都である2020年の夏季オリンピックの開催都市が東京に決まったことを受けて、考えたことをまとめました。

オリンピック開催都市は、一時的な世界首都である:

都市と関心

オリンピックにおいて、その開催都市は、世界中に広く強烈にアピールされる。*

オリンピック (とそれに関係するものの複合体)は、世界のさまよう関心を一都市に集めるレンズであり、最も影響力がある関心項目(アジェンダ)の提供装置である。この大集中された関心を受けられる都市は、100年間に50都市しかない。**

世界との結節

オリンピック は「世界(全)」である。単一の存在である(例えるなら、餅。米のつぶが見えない)。これが時間を経るにつれて鎖を形成していく。

対して、我々が普段、触れている世界は、「世界(粒)」である。それの実際は、他国に住む複数の個人である(例えるなら、ご飯。米のつぶが見える)。国を超えた個人と個人の網(ネットワーク)であり、これが時間を経るにつれて、組み替えられていく。

オリンピックでは、オリンピックという「世界(全)」の歴史・権威・権力と、

  • 開催地の歴史
  • その歴史と開催地の民が支え、また戴く権威
  • 開催地の民の意思を反映した権力

が、結節される。ここに挙げた要素それぞれ(「開催地の民」を含む。一位に開催都市の民)が、「世界(全)」につながるのである。

特権的地位

オリンピック という公正な勝負のために作られた全く平等な場において、運営管理者たる開催都市は、圧倒的に高い地位を持つ。

補足:

* アピールされることが分かっているので、再開発がされる。都市の世紀において、広く共有された、数としては少数のスローガンの元に、都市を再開発 (development) でき、それを広く強烈に世界にアピール (demonstration) できるオリンピックは、絶好の機会である。

** 同時に、 オリンピック開催都市は、大集中された関心に晒されても立ち続けなければならない。

初出:
2013年9月9日 – 7:03
2013年9月9日 – 7:17
2013年9月9日 – 7:18
2013年9月14日 – 13:02
2013年9月14日 – 13:03
2013年9月14日 – 20:18
2013年9月14日 – 20:19

関連:

バンクーバーオリンピック 2010年02月13日(開会式)の Twilog

ロンドンオリンピック開会式を見る 2012年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です