君主制の多くは熱心な支持者たちによって滅ぼされた

春秋. 日本経済新聞, 2021/ 4/11, 1面.

関東学院大の君塚直隆教授は、著書で殿下 [:フィリップ (エディンバラ公) ]の言葉を紹介している。「君主制の多くは熱心な支持者たちによって滅ぼされたのである。彼らは何の改革も行わずに、ただただ体制を維持しようとする」。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」鑑賞メモ

電線絵画展

「電線絵画展-小林清親から山口晃まで-」 | 展覧会 | 練馬区立美術館 2021.02.28(日)~ 2021.04.18(日)

姫路と大学

バーチャルお参り

祓詞 – Wikipedia

かけまくもかしこき、いざなぎぃのおおかみ、つくしのひむかのたちばなのおどのあわぎはらに、みそぎはらえたまいしときになりませる、はらえどのおおかみたち、もろもろのまがことつみけがれあらむをば、はらえたまいきよめたまえともうすことをきこしめせと、かしこみぃかしこみぃももうすーーーっ

レインツリーの国

有川浩の小説『図書館内乱』(2006年)に登場する架空の小説『レインツリーの国』であるが、『Raintree County』という小説(1948年。1957年に映画化)がある。

Raintree County (novel) – Wikipedia

愛情の花咲く樹 (小説) – Wikipedia (2019年3月21日 (木) 11:23 の版)

『愛情の花咲く樹』(あいじょうのはなさくき、原題:Raintree County)は、ロス・ロックリッジ・ジュニアが1948年に発表した小説。南北戦争を舞台としている。

Raintree County (film) – Wikipedia

愛情の花咲く樹 (映画) – Wikipedia (2020年9月26日 (土) 13:28 の版)

『愛情の花咲く樹』(あいじょうのはなさくき、原題:Raintree County)は、1957年に公開されたアメリカ合衆国の映画。

レインツリーの国 – Wikipedia

『レインツリーの国』(レインツリーのくに)は、有川浩の小説。2006年9月出版の『図書館内乱』(アスキー・メディアワークス)の中の1エピソード(作中作として登場する架空の小説)として書いた後に、改めて書き下ろした恋愛小説[1]で、2006年9月29日に新潮社から単行本が刊行された。

関連:
レインツリーの国事件
図書館戦争ドラマに、人の脳の性質を整理する

「アサスマ! 探検隊」砲台山 (ロケ日: 2020/11/ 6)

「アサスマ! 探検隊」探検場所一覧 カテゴリー: アサスマ! 探検隊

● ロケ日
2020/11/ 6

● 放送期間
2020/11/XX~2021/ 2/XX

● 探検場所
砲台山

● 所在地
広島県江田島市

毎日新聞の悪手

「大阪市(を4つの政令市に)4分割(する仮定[特別区設置の都構想とは全く異なる])ならコスト218億円増」の記事、毎日新聞の対応は長期的には悪手だと考える:

毎日新聞の大阪都218億円誤報問題、まず朝日新聞が訂正

毎日新聞が、大阪市を4政令市に分市した場合の年間コストを、今回の住民投票で問われている4特別区に再編した場合の年間コストと同じとして扱い、年間 200億円程度のコスト増になるとみられるとした記事(2020/10/26 夕刊)を掲載した問題。

毎日新聞の記事の後、同様の記事を掲載した朝日新聞が訂正を行いました。

* * *

産経新聞の解説
「大阪市4分割で218億円コスト増」報道に市「誤解生じる」 (2020/10/27)

27日には制度設計を担った大阪市の担当部局などが緊急記者会見を開き、「人口約270万人の大阪市を単純に4つの政令市に分割した場合、標準的な行政サービスにかかるコストが毎年度約218億円増加する」との一部報道により「市民に誤解が生じている」として、「特別区に移行した場合の数字ではない」と異例の説明を行った。

問題の毎日新聞の記事 (2020/10/26 夕刊)