現実の認識と現実への適合が、生物の働き

現実の認識と現実への適合が、生物の働き眩暈(目まい)は、三半規管などが感知する体の姿勢が、実際の状態からずれていることによる。

現実は常に認識されている。ただ、通常は、無意識にそれがなされる。

我々は、ヒトの意識に目を向けるが、ヒトの意識の裏には、現実を認識する働きがある。

現実の認識と現実への適合が、生物の働きである。

「現実の認識と現実への適合が、生物の働き」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です