祝いとは、成果への祝いである

祝いとは、成果への祝いである祝いとは、成果への祝いである。

「前途を祝す」という言葉があるが、これは虚数的な表現だ。前途(可能性)を祝すのではない。前途の基盤となる新秩序の構築(成果)を祝すのである。

成果への祝いであるから、祝いは確固としていて、正当な行為である。

そして、祝いは、成果への道である。

「祝いとは、成果への祝いである」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です