子供食堂は、社会を守る

子供食堂は、社会を守る子供食堂は、社会を守る。

なぜならば、人は、余裕があると、効率がいいからだ。

不足すると分かっていると余計めに

江畑 謙介 : 軍事とロジスティクス (日経BP社, 2008) p.22.

戦闘部隊の方も、補給を要請したところで本当に到着するか分からないし、大体、補給要請書(連絡)が無事に届いて、的確に処理されたかどうか不安だから、同じ補給物資を何度も要求しがちである。そのため、同じ物資が重複して前線部隊に届けられるという事態も生じる。前線部隊はだからといって送り返すなどということはしないから、補給物資には膨大な無駄が生じる。同じ部隊に二度、三度と同じものを届けるためにトラックや輸送機が使われると、より切迫した状況で補給を必要としている他の部隊に補給品を輸送する手段が不足するという結果になる。

効率が、生きられる人口を規定する。効率が、社会を守る。

子供食堂は、割に合いやすい投資だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です