叡智結拓のために

叡智結拓のために叡智を結び、集約し、難所を突破するために、
一瞥判断(即時の判断)、中期の手引き作成、長期の思考、
これらを能率的、かつ一体的に運営する。

そのために、以下を行う:

・知的土木物の造立: 長期使用可能な知的仕組みを作成する。

・知識の摂取・消化・共有: 現在・過去の知的生産物を摂取・消化し、また、知的生産物を(物理的、情報接続的)周囲に紹介する。

中でも思考に真に役立った知的生産物を高く評価し、役立てた思考というストーリーを付けて周囲に紹介する。これによって、自ら及び周囲において、新旧の知の広範囲な取り込みを行って思考を豊穣にし、また、知の累積性を高める。

「叡智結拓のために」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です