全体を運ぶための網としての戦略

全体を運ぶための網としての戦略戦略 * の具体化された形態とは、

  大局を支配するための、資源が集中投入された小局の集合、及びその連携

である。

即ち、例えるならば、スイカを運ぶための、(結び目が少ない)網のようなものだ。

アルベルト・マングェル=著, 野中 邦子=訳 : 図書館 愛書家の楽園 (白水社, 2008) p.270.

パニッツィ[:大英博物館図書館主任司書。サー・アンソニー・パニッツィ Sir Anthony Panizzi (1797-1879)]は…何よりも、「書物が織りなす網」によって、イギリスの文化と政治の本質(アイデンティティ)を支えたいと願っていた。

* 戦略とは、《自分のとる行動だけでなく、他のさまざまな人の行動と思惑がお互いの利害を決める環境》において、自分が自分の自由意志のもとにとりうる行動を、その将来にわたる予定を含めて記述したものである。

「全体を運ぶための網としての戦略」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です