書道の基本戦術

書道の基本戦術・重要な意味を持たない字は小さく書く。縦書きにおいては、垂直方向を潰して、字単独では横長に書く。画数が少ないひらがな・カタカナも、縦書きにおいては、垂直方向を潰して、字単独では横長に書く。

・右下に向かう最終画は、のびのびと書く。

・「夂」の左下に向かう2画は、異なるように書く。

・「口」の右下の角を、下に突き出すか、右に突き出すかを考える。「口」の下線が、その字の最終画の場合は下に突き出す。そうでない場合には、右に突き出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です