文化基盤としてのAKB48

文化基盤としてのAKB48AKB48ならびに姉妹グループは、主として秋元康氏と総勢数百人のメンバーによってなし得た「文化『基盤』」である。

文化基盤たる理由は、ファティック(phatic)の話題として適しているからである。

ファティックとは、「どうでもいいような会話をつづけながら、人と人をつなぎ合わせる行為のことである。言語技術が家屋だとしたら、ファティックは土台のような位置になる。土台があれば、その延長のふるまいとして質問できる。」―― 猪瀬 直樹 : 言葉の力 – 「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ, 2011) p.80.

その総勢数百人というメンバー数は、ファンの流動性を高め、さらにファンの参入・脱退を容易にしている。その結果、AKB48ならびに姉妹グループの話題は、摩擦を生じさせにくく、ファティックの話題になり、そして、人と人を結ぶのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です