組織制度改革のやり方と定期的な必要性

組織制度改革のやり方と定期的な必要性カバネ – Wikipedia (2011年4月19日 (火) 06:12‎ の版)

姓の制度は、壬申の乱(672年)の後、天武天皇が制定した八色の姓によって有名無実化されていき、臣、連ですら序列の6、7番目に位置付けられ、その地位は低下した。代わって、天皇への忠誠心がある有能な人材には新たに作られた真人(まひと)・朝臣(あそみ、後に「あそん」。更に後世には「あっそん」とも)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)などの姓が与えられた。しかしながら、奈良時代を過ぎるとほとんどの有力氏族の姓が朝臣になってしまい、八色の姓も形式的なものに変質してしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です