古典物理学を社会的に解釈する

古典物理学を社会的に解釈する古典物理学を社会的に解釈しました。

 古典物理学を社会的に解釈する

● 「ニュートンの3法則」の社会的解釈

 ・何もしなければ、そのままだ。
 ・(理想的には) やったら、やっただけのことはある。
 ・やったら、やり返される。

● 「熱力学の法則」の社会的解釈

 ・現実はひとつだ。
 ・現実は保存される。
 ・変換すると劣化する。
 ・あり得ないことも表現できる。

● 「マクスウェルの方程式」の社会的解釈

 ・影響力のある虚数場は存在する。
 ・虚数場が変化すると、実数場が変化する。
 ・実数場は実数要素を源にする。
 ・実数場が変化すると、虚数場が変化する。

なお、物理の解釈である物理法則を、社会の解釈に用いることは、適用範囲(スコープ)を逸脱するので、物理の解釈として十分に確からしいからといって、社会の解釈として十分に確からしいとは言えず、危険性をはらんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。