工業における数値流体力学のアウトプット

工業における数値流体力学のアウトプット数値流体力学では、ミクロ(瞬間・局所)の状態をアウトプットできる。

しかし、一般に求められることは、マクロの改善に供することである。

工業的には、ものの破壊につながるような現象が局所的に生じない限り *、ミクロだけを知る実利はない。

マクロにあたる熱輸送総量・化学反応による生成物総量などのアウトプットにつなげることが必要である。

  * 気象分野では、ものの破壊につながるような現象が局所的に起こりやすい(局所的な暴風・豪雨)ため、ミクロを知ることの需要が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。