文化に関する考察

文化に関する考察文化 – Wikipedia [2015年1月22日 (木) 04:10‎の版]

広く民族学で使われる文化、あるいは文明の定義とは、知識、信仰、芸術、道徳、法律、慣行、その他、人が社会の成員として獲得した能力や習慣を含むところの複合された総体のことである
— エドワード・タイラー、Primitive culture[4]

文化は、社会に関わる。

文化的であるとは、社会的分量が多いことである。即ち、社会を構成する集団において帰納的な情報量(:物体も含め)が多いことである。

文化の度合いは、社会の深さ、社会が認識・関係する世界の広さ、情報の共有・活用具合、の積(掛け算の答え)を示す。

(以下の記述は、総合的な捉え方である:)

文化的社会は、複雑であってもよいところは複雑性に富んでいる(:深さと広さ)。そして、広い世界を認識できており、広い世界と関係し、その関係に対する制御ができている。

文化的生産物は、それに関する認識が社会に共有され、帰納的な情報になっている。同時に、文化的生産物は、世界の模型であり、社会が認識・関係する世界に、広さを与える。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

文化に関する考察 への1件のフィードバック

  1. takagi1 のコメント:

    関連:
    経済活動と文化
    http://takagi1.net/eye/archives/203

    複雑性と付き合っていこう
    http://takagi1.net/docs/fukuzatsu_20140622.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です