「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」鑑賞メモ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」鑑賞メモ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を 2012年11月18日に見てきました。

結論

知を集めよ。

自分以外にもう一人ではダメだ。もっと多くの人の知を集めよ。

その他

「コネメガネ、援護!」…「仰せのとおりに、お姫様!」

二重反転フライホイールに萌えた。

マヤちゃんの、口が悪くなっている。

敵の動きが立体的だと、敵は本気。

パロディーいっぱい。「ナディア」がいっぱい (ネモ船長がいる)。

「エヴァ」は聖書や精神分析学の言葉を多用し、映像手法でも過去の映画などからの「引用」が数多く指摘された。しかし、庵野監督は「これだけ情報があふれている時代に、オリジナルなんてどこにあるのか。様々なものからイメージをとりこんで、それをどこまで広げて再構築するか、なんですよ」  ( 朝日新聞 1997/ 7/24 夕刊 より)

アスカが実に頼みになる。TVアニメ版のような精神崩壊をしていなくて、大いに安心。

冬月: 世界を壊すことは造作もないが、再構成することは困難だ。世界は不可逆なものだから。

それを槍2本で成し遂げようとしたのが、カヲルとシンジだった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」鑑賞メモ への1件のフィードバック

  1. takagi1 のコメント:

    関連:
    クリエイティブな人というのは
    http://takagi1.net/eye/archives/90

    「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 TV版」視聴メモ
    http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-2632.html

    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 あらすじ
    http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-2691.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です