認識の粗さが生むこと

認識の粗さが生むこと認識の粗さ、つまり認識の粒度が粗いことは、レッテル貼り・〈物事の不連続性〉を生む。

粒度が細かければ、連続性を感じ、自分との繋がりに意識が向く。
しかし、粒度が粗いと、対岸の火事・雲の上の人・鬼が生まれる。

「認識の粗さが生むこと」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です