【Royal?】ロイヤルミルクティーについて【2020/3/1】

【Royal?】ロイヤルミルクティーについて【2020/3/1】

こんにちは、高木です。本日は、2020年3月1日です。

この動画は、私がしでかした勘違いがもとになっています。

ロイヤルミルクティー、という紅茶の飲み物があります。

ロイヤルといえばイギリスです。

イギリスのヘンリー王子とメーガン妃、つまりサセックス公爵(Duke of Sussex)夫妻が主要王族の地位を離れるなか、「サセックスロイヤル」のブランド使用権を求めていましたが、断念されたのが、最近の話題ですね。

さて、ロイヤルミルクティー。私は、てっきりイギリス式のミルクティー。つまり、紅茶をいれて、それを牛乳と混ぜた飲み物だと思っていました。

後で説明しますが、インド式のミルクティーであるチャイが、最近ポピュラーになってきたので、区別するために「ロイヤル」を頭に付けたと思っていた、、、のですが、勘違いでした。

正しくは、ロイヤルミルクティーは、日本でうまれた言葉、和製英語です。

ロイヤルミルクティーは、鍋のお湯の中で茶葉を開かせ、さらに鍋に牛乳を加えて火にかけ、茶葉を煮て作られます。つまり、チャイの作り方と同じです。

つまり、ロイヤルミルクティーは、イギリス式では全くなく、インド式のチャイの作り方と同じなのです。

ただし、チャイでは、大量の砂糖をいれるのが一般的ですが、ロイヤルミルクティーでは、砂糖を入れたとしても、チャイほど大量の砂糖を入れることはありません。

ロイヤルミルクティーの作り方は、チャイと同じ。

ご試聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です