言葉の思想をなくさない

言葉の思想をなくさない

森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) p.23.

一つの障害を乗り越えると、それに名をつける。

森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) p.88.

 第二には、ヒューマニズムというのは一つの「ことば」ですから、ことばとしてそれを使うには、やはり自分の中にヒューマニズムということばであらわされる実体がなくてはならない、ということです。実体なしにそれをかってに使って、ヒューマニズムをつくろうといっても、それはことばだけに終わってしまう。(中略) …平和とか、自由とか、人間とかのばあいも同じことですが、ヒューマニズムに至るためには、ヒューマニズムから出発してもだめなのです。

「言葉の思想をなくさない」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です