希望と誇り

希望と誇り希望と誇りは、目標と現状認識(形而上を含む)である。

(より詳しくは、 現状+誇り=現状認識 である。)

よって、希望と誇りは、認識上の、事の終点と起点であり、事を成す 可・不可に大いに関わる。

「猛獣論」では、「集合無意識に捕らわれた現実から理想に向かおうとして生じる力」を〈猛獣〉だと表現したが、ここでは拡張して、「現実から理想に向かおうとして生じる力」を〈猛獣〉だと考える。

希望(=理想)と誇りは、〈猛獣〉の前足と首筋であるのだ。希望と誇りがあれば、〈猛獣〉は存在する。その〈猛獣〉の強さを決定づけるのが、希望と誇りである。

「希望と誇り」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です