ネモ船長の最期の言葉は、JR貨物の社歌に通じる

ネモ船長の最期の言葉は、JR貨物の社歌に通じる潜水艦ノーチラス号の艦長であるネモ船長の最期の言葉は、「神と祖国!」である。

これは、JR貨物の社歌「春夏秋冬」に歌われている、希望と誇りが縦糸と横糸をなす様子に通じる。

ジュール ヴェルヌ=著, 大友 徳明=訳 : 神秘の島 第三部 (偕成社文庫, 2004) pp.315.

かつて多くの炎がほとばしりでたその瞳に最後の火がかがやいた。そのあと彼は、『神と祖国!』とつぶやきながら、静かに息を引きとった。

補足:
ジュール ヴェルヌ=著, 大友 徳明=訳 : 神秘の島 第三部 (偕成社文庫, 2004) pp.380-381.
大友 徳明氏による解説より。

『神秘の島』の第三部で、ネモ船長が息絶えるまえの最後の言葉を、出版者のエッフェルが勝手に書きあらためた事実も、いまでは判明しています。現在刊行されている版では、臨終の床にあるネモ船長はこう描写されています。「……かつて多くの炎がほとばしりでたその瞳に最後の火がかがやいた。そのあと彼は、『神と祖国!』とつぶやきながら、静かに息を引きとった。」

 ところが、ヴェルヌの初めの原稿では、ネモ船長の言葉は「……『独立!』とつぶやきながら……」と、なっていました。

「ネモ船長の最期の言葉は、JR貨物の社歌に通じる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です