バルカン半島を除いては、1914年まで約一世代にわたってヨーロッパ大陸に戦争はなかった

バルカン半島を除いては、1914年まで約一世代にわたってヨーロッパ大陸に戦争はなかったバーバラ・W・タックマン=著, 山室 まりや=訳 : 八月の砲声 下 (ちくま学芸文庫, 2004) p.165.

遠隔の地で起こったバルカン戦争を除いては、一九一四年まで約一世代にわたってヨーロッパ大陸に戦争はなかった。

出来事を調べてみると、遠隔の地であるバルカン半島に起こった戦争を除いては、一九一四年まで約一世代にわたってヨーロッパ大陸に戦争はなかった、が正しい。

戦争一覧 – Wikipedia [2012年8月24日 (金) 09:28‎ の版]から、1860年から第一次世界大戦までの期間における、ヨーロッパ、バルカン半島が戦場になった戦争を抜き出してみた (なお、引用にある「一世代」とは30年を指すから、1884年~1914年で一世代である)。

・1864年 – 第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 – Wikipediaユトランド半島の制圧 (デンマーク)

・1866年 – 普墺戦争ケーニヒグレーツの戦い – Wikipedia (チェコ)

・1870年~1871年 – 普仏戦争 – Wikipediaセダンの戦い – Wikipedia (フランス)、パリ陥落

・1877年~1878年 – 露土戦争 (1877年-1878年) – Wikipedia (戦場: バルカン半島)

・1897年 – 希土戦争 (1897年) – Wikipedia (戦場: バルカン半島)

・1911年~1912年 – 伊土戦争 – Wikipedia (戦場: バルカン半島、北アフリカ)

・1912年 – 第一次バルカン戦争 – Wikipedia (戦場: バルカン半島)

・1913年 – 第二次バルカン戦争 (戦場: バルカン半島)

「バルカン半島を除いては、1914年まで約一世代にわたってヨーロッパ大陸に戦争はなかった」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です