ミクロがマクロ現象を代表しているかどうか

ミクロがマクロ現象を代表しているかどうかマクロ現象を知るためにミクロ(瞬間・局所)を測定する場合、そのミクロがマクロ現象を代表しているかどうかが問題になる。

部品間に隙間をもった機械の場合、d2y/dt2 の符号反転時には、接触していた隙間が離れ、部品(局所)が無負荷で隙間幅を移動できるようになるため、ミクロ測定から推測されるマクロ値の信頼度は低い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。