水素チャンネルニュース 第104回 2021年4月4日号

水素チャンネルニュース 第104回 2021年4月4日号

水素チャンネルニュース
第104回 2021年4月4日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2021年3月27日から4月3日までのニュース、記事19本です。では、スタートです。

【1】4月2日の日テレNEWS24。「県内初の水素ステーションが誕生 福井市」福井市灯明寺4丁目( https://www.news24.jp/nnn/news951az5f1lkn3z77p4v.html )

【2】4月3日の神戸新聞。「トヨタの「ミライ」、スプリング8の技術が貢献 水素で走るエコカー」、引用、タイヤのゴムは、スプリング8での研究結果によって改良されており、詳細を解説するパネルも併せて並べている。( https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/202104/0014207128.shtml )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【3】3月31日の京都新聞。「トヨタ、水素で走る救急車 災害時は電源に」、引用、トヨタ自動車は31日、水素で発電する燃料電池を使った救急車を開発したと発表した。( https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/539881 )

【4】4月2日のくるまのニュース。「世界初! 水素を燃料とした医療車!? 熊本赤十字病院とトヨタがFC医療車の実証実験を開始」( https://kuruma-news.jp/post/362755 )

次のニュースです。

【5】4月2日の日本経済新聞。「「グリーン水素」へ東芝系など挑む 脱炭素の切り札に」( https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ231ZP0T20C21A3000000/ )

【6】3月31日の環境ビジネス。「東芝Gと敦賀市、再エネ水素ステーションをVPPリソースに活用」、引用、東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)と福井県敦賀市は3月29日、再生可能エネルギー由来のグリーン水素を製造し、燃料電池車向け燃料や電気を供給できる燃料電池システムを備えた施設「H2Oneマルチステーション」を活用した、水素サプライチェーンモデルの実証を開始すると発表した。( https://www.kankyo-business.jp/news/027738.php )

【7】4月2日の環境ビジネス。「三菱ガス化学、CO2と水素からメタノール製造 廃プラ等の活用も検討」、引用、三菱ガス化学(…)は3月30日、7月から同社新潟工場で、CO2と水素を原料にメタノールを製造する実証実験を開始すると発表した。あわせて、大気へ排出されるCO2、廃プラスチックなどをメタノールに変換し、化学品や燃料・発電用途としてリサイクルする「環境循環型メタノール構想」を打ち出し、その実現に向けて、産業横断的な提携により、取り組みを進めていく考えを示した。( https://www.kankyo-business.jp/news/027758.php )

【8】3月30日の佐賀新聞。「清水建設、大分の地熱で水素製造 脱炭素へ実証施設、10月着工」、引用、清水建設は30日、地熱を利用し水素を製造する実証施設を大分県九重町に建設すると発表した。…大林組も大分の地熱を使った施設建設を進めている。清水建設は今年10月に着工し、来年夏に実証実験する予定。5年後をめどに実用化を目指す。施設では、スギなどの木材チップを加熱して炭化物にし、地熱の水蒸気と高温で反応させることで、水素を多く含んだガスを発生させる。( https://www.saga-s.co.jp/articles/-/653181 )

【9】3月30日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「「20トン以上は水素ショベルの出番」日立建機は安価な中国産とどう戦う? 平野耕太郎社長インタビュー」( https://newswitch.jp/p/26593 )

【10】4月1日のジェトロ 日本貿易振興機構。「環境関連法律の改正案が成立、水素ステーション設置を効率的に(韓国)」、引用、韓国の環境部は「大気環境保全法」など12の法律の改正法案が、3月24日の国会の本会議で成立した旨を公表した。( https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/04/9e88b006ddb32a77.html )

【11】3月29日のジェトロ 日本貿易振興機構。「ロッテルダム港、グリーン水素の国際的連携進む(オランダ、チリ、オーストラリア)」、引用、オランダのロッテルダム港湾局は3月17日にチリのエネルギー省、23日にオーストラリアの南オーストラリア州との間で、グリーン水素(…)の輸出入に関する実現可能性調査についての覚書(MOU)を締結したと発表した。( https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/03/b7db8c1a321b4da9.html )

【12】4月2日の中央日報。「鉄鋼企業ポスコ、二次電池・水素産業を拡大」、引用、1日、創立53年を迎えたポスコ(POSCO)が鉄鋼を越えて二次電池と水素産業など「グリーン&モビリティー」を中心に事業構造を転換すると宣言した。( https://japanese.joins.com/JArticle/277244?sectcode=320&servcode=300 )

【13】3月31日のBloomberg.co.jp。「水素旅客機開発ゼロアビア、約27億円調達-ゲイツ氏関連などから」( https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-31/QQTJE7DWRGG401 )

【14】3月29日のジェトロ 日本貿易振興機構。「教育・研究省、水素関連の基礎研究PJに総額5,560万ユーロ助成(ドイツ)」、引用、ドイツ教育・研究省は3月9日、水素関連分野の基礎研究を行う16のプロジェクトに総額5,560万ユーロを助成すると発表した。( https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/03/1e3d6bdf441f9f76.html )

【15】4月1日のリムエネルギーニュース。「豪トヨタ=ビクトリア州の水素生産工場を稼働」、引用、トヨタ・オーストラリアは29日、ビクトリア州アルトナで商用および乗用車向け水素製造、貯蔵、充填施設の稼働を開始した。( https://www.rim-intelligence.co.jp/news/news-global/1681132.html )

【16】3月27日のLIMO。「次世代エネルギー「水素」利用の技術開発はここまで進んでいる」( https://limo.media/articles/-/22534 )

【17】3月27日のMotorFanTECH。「トヨタMIRAI 「水素っていくらですか?」「どのくらい入るんですか?」「1kgでどのくらい走るんですか?」」( https://motor-fan.jp/article/10018720 )

【18】3月30日の日本経済新聞。「「夢の燃料」水素、炭素超える発熱効率」( https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ172E70X10C21A3000000/ )

【19】3月30日のトウシル。「水素関連株との付き合い方:参考銘柄と投資戦略」( https://media.rakuten-sec.net/articles/-/31570 )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、4月10日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。