人の網

人の網Jr.,John D. Anderson=著, 織田 剛=訳 : 空気力学の歴史 (京都大学学術出版会, 2009)では、同時代の人の間のつながりについて言及されている。一例をあげると:

・ニュートンの「プリンキア」は、ハレー(ハレー彗星発見者)の資金援助の元に出版された (p.48)。

・ベルヌーイは、オイラーの数学家庭教師であった (p.61)。

・ナビエは、フーリエの弟子であり且つ友人であった (p.115)。

・J・J・トムソンは、レイノルズの授業を受けていた (p.140)。

・ラングレーの親友がアレキサンダー・グラハム・ベル(彼はまた1907年に航空実験協会を組織する)であった (p.240)。

・プラントルの弟子
 - H・ブラジウス (p.333)
 - テオドール・マイヤー (p.335)
 - ヤコブ・アッケーレート (p.338)
 - アドルフ・ブーゼマン (p.338, p.547)
 - セオドア・フォン・カルマン (p.338, p.542)

「人の網」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。