月別アーカイブ: 11月 2013

現実学術によって、混沌から守りながら最適化を図る

まず管理する。大事なのは秩序だ 秩序が制約を生む。我々は制約によって混沌から守られながら、自由な発想の元に、最適化を図る。 現実を対象とする学術(以下、「現実学術」と書く)は、「混沌から守りながら、最適化を図る」ために、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学術・教養は「結び技」である

学術・教養は「結び技」である。社会に出た後、取り扱う商品や専門技術の範囲内に閉じこもらず、それらを連携させて、全体を推進させていくためには、学術・教養の修養が必要である。 補足: これは、京都産業大学の学生募集広告を見か … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

経済は、用水路である

経済は、用水路であり、富は、自然の恵みが姿を変えたものである。 自然の恵み、すなわち、その根源をたどれば、太陽(あるいは地球内部)における核反応のうち、ほとんどは無駄になる。 自然の恵み(の全体からすれば、そのごく一部) … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「公共」宇宙と宇宙領土

宇宙は「公共物」、すなわち大国により管制され、有事においては大国の私物である。 現在、宇宙は、制高に役立っている。すなわち、  ・敵の情報をさぐる  ・味方に有益な情報を提供する。やりとりの中継点になる  ・敵に物質(例 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする