政治に対して軽挙妄動でないように

政治に対して軽挙妄動でないように政治に対して軽挙妄動でないように、以下に挙げる手段・場を整備/保守/改良し、使用する・住まう人間であるべきである。それによって、政治が、適切な解答を導き出し、それを実行する能力が高めることに、役立てることができると考える:

「政治に緊張感を与える手段」として、知的ネット社会に関わる人々が持つべき行動指針・基本姿勢、及び それら人々が実行すべき行動として、私は以下を提唱した。

政治に緊張感を与えるために、自らは事業家たれ。

即ち、

・創造と構想に立脚せよ。

・聞け。そのために話せ。
――情報の入口・出口を増やせ。有力案・代替案への賛成・反対を集め、語れ。印象ではなく絵姿を表し、そして、聞け。

・権利を行使せよ。ただし、何かを要求する前に、努力しなければならない。

補足:
本文章は、2013年2月11日に公開した、「「知的制高面」に関する現在の思考――書き付け」の後半を元に、新たな文章にしたものです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

政治に対して軽挙妄動でないように への1件のフィードバック

  1. takagi1 のコメント:

    関連:
    政治
    http://takagi1.net/politics/index.html

    知的ネット社会推進本部
    http://takagi1.net/chiteki-net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です