戦前・戦中日本の失敗の原因

戦前・戦中日本の失敗の原因戦前・戦中日本の失敗の原因 を 3つ挙げる:

● 大きすぎる目標 (理想に向かう中間目標の設定が拙い)

大きすぎる目標

その特徴:
 ・多様な個人・生活を軽視している。大きく少数のものを頼りにする。
 ・無限だと考えているものを頼りにする。

● 希望的観測、机上の空論、こうあってほしいという発想

庵野 秀明=脚本・編集・総監督 : シン・ゴジラ (2016).
(庵野 秀明=企画・責任編集 : ジ・アート・オブ シン・ゴジラ (カラー, 2016) 附属 シン・ゴジラ 完成台本 p.65.)

大臣。先の戦争では、旧日本軍の希望的観測、机上の空論、こうあって欲しいという発想等にしがみついたが為に、国民に300万人以上もの犠牲者が出ています。根拠のない楽観は禁物です

●「空気」に支配される決断

解説:
刺激等価性――「空気」の本質。感情移入と非論理をつなげるもの
図書館戦争ドラマに、人の脳の性質を整理する

対策:
理由を求めよ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です