被災地へは、本当に必要なものだけを流すこと。善意を賢く使うこと

被災地へは、本当に必要なものだけを流すこと。善意を賢く使うこと要約:

  • 被災地へは、本当に必要なものだけを流すこと。
  • 善意を賢く使うこと。

2016年 4月14日に最大震度7 (マグニチュード 6.5)、16日に最大震度6強 最大震度7 {2016/4/23: 2016/4/20の気象庁発表に合わせて修正} (マグニチュード 7.3)など、熊本県を中心に強い地震が相次いでいます。

熊本地震に関する下記の報に接し、考えたことを書きます:

熊本地震「LINE通話を10分無料」は大問題だ | 通信 | 東洋経済オンライン

今回の地震を受け、LINEの公式アカウントが次のようなアナウンスを行い、テレビや新聞社のウェブサイトで次々に報道された。

“LINEから固定電話・携帯電話にかけられる「LINE Out」機能で、日本国内の番号への発信を1通話最大10分まで無料化しました。家の電話やLINEでつながっていない方への安否確認にご活用ください。 #熊本 #地震 #拡散希望”

いずれ、LINE社から、なんらかのアナウンスがあるだろうが、上記のサービスを安否確認には使わないようにしてほしい。また、身の回りにこのサービスを称賛する声を聞いたならば、対応が誤りであることについて話題にしてほしい。

同記事時の page 2:

LINE通話はデータ通信帯域が確保されていれば、LINE社が設けているゲートウェイを通じて音声交換網へと接続される。すなわち、LINE Outを無料化して利用を促すということは、限りある資源である回線交換容量を消費することに他ならない。とりわけ、熊本県内の携帯電話回線へのLINE Outを使った発信は、輻輳(アクセスが集中することにより電話がつながりにくくなること)をさらに助長するため控えねばならない。

※ なお、NTTコミュニケーションズが提供する災害用伝言ダイヤル(171)は、電話回線への負荷がかからない。

熊本地震:LINE通話無料で見解「考慮十分でなかった」 – 毎日新聞

無料通信アプリを提供する「LINE(ライン)」が14日、熊本地震を受けてアプリから電話回線への通話を最大10分間、無料にしたことに対し、「(安否確認などに使われて)回線の混雑をあおる」と批判の声が上がった。これに対しラインは15日、「被災地外のアプリから被災地の電話に利用すると輻輳(ふくそう)リスクを高めることは事実」と認め、「考慮が十分でなく、災害用掲示板の利用を優先するなど、注意点の説明も十分でなかった」とする見解を明らかにした。

被災地へは、本当に必要なものだけを流すこと

被災地への流通・交通、及び被災地内部での流通・交通は、被害を受け、細っています。

被災地の報道が増し、自衛隊が被災地に活動する様子は、流通・交通が盛んであるように見えますが、実際は細っています。

それは、先の大戦後の買い出し列車のようです。超満員の買い出し列車は、戦争が終わった喜びの様子と捉えられなくはないですが、実際は、流通が滞り人々が直接買い出しに行く必要がある状態のなか、燃料の入手が滞って列車を走らせられず、列車の資材はメンテナンスができないまま使われ続けてだんだん故障していき、また進駐軍専用列車に優先的に燃料・資材・人員が割かれた結果だったのです。実際は、細っていたのです。

流通・交通が細っているので、被災地へは、本当に必要なものだけを流すべきです。

善意を賢く使うこと

善意は、賢く使わないと、被災地に無駄な物(千羽鶴など)を送ってしまったり、デマを拡散させてしまいます。

「やらない善より、やる偽善」という言葉がありますが、やった結果が被災地にとって損になれば、「やらない」より悪いのです。

善意ゆえに反射的に行動してしまうことは、自制しましょう。善意があることに酔ってはいけません。善意を賢く使うことが重要なのです。
 
 
訂正履歴(本文中に記載の内容以外):
2016/4/23: 要約を追加。記事タイトルを変更(「熊本地震「LINE通話を10分無料」問題にふれて考えたこと」→「被災地へは、本当に必要なものだけを流すこと。善意を賢く使うこと」)。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です