活動する構造に関する一思索

活動する構造に関する一思索活動する構造は、微分方程式、境界条件、初期条件のなかでも、特に境界条件の適切な設定によって形成できるのではないだろうか。

すなわち、他の構造との接続点、外部との境界面、及び内蔵された装置の入出口における、流通の適切な設定である。

エネルギーが流入する場では、自己組織化により散逸構造が生まれることを思い起こしてみよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です