デュープレックス式蒸気機関車

ペンシルバニア鉄道T1形蒸気機関車 – Wikipedia (2018年12月24日 (月) 12:21 の版)

この機関車の特徴としてはデュープレックス式(英語版)という機構を持つことが挙げられる。これは動輪4軸を前後2組の動力機構に分けたもので、マレー式と似ているが2つの動力機構の間に関節がなく、1つの台枠に一体化しているという相違点がある。

デュープレックス式には主連棒の動きが完全に揃うことがないために空転しやすいという特徴があり、加えてトルクがあまりに強力過ぎたことによって車輪とレール間の粘着力不足が問題になったのである。

ある鉄道史家は「火室面積とボイラー容量以外はすべてよくできてる」と褒め、実際その二つが問題だったのであり、トルクが限度を超えたものでなければ、デュープレックス式にもハンマーブローの低減というメリットがあったのである。また鉄道研究家で元国鉄技術者の久保田博はT1を「実績のない技術には慎重にならなければならないことの凡例」と評価した。

冷戦・宇宙開発とアメリカ大統領


43:10~

ドワイト・D・アイゼンハワー – Wikipedia

  - ヴァンガード (ロケット) – Wikipedia (ヴァンガードTV3 の 打ち上げ失敗)

ジョン・F・ケネディ – Wikipedia

リンドン・ジョンソン – Wikipedia

リチャード・ニクソン – Wikipedia

日米フィギュア(おもちゃ)産業史

岡田斗司夫ゼミ 2018年 7月22日号「トランスフォーマー学入門講座。日米オモチャ産業が手を組み、第4次中東戦争をひっくり返した歴史秘話~その他、未来のミライ、シン・エヴァンゲリオンを軽く分析」 – YouTube

17分30秒~

ブリキ, バービー人形, リカちゃん人形, 石油精製, 石油危機

目立つ技術の現代史。ソフトウェアから、軽なハードウェアとAIへ

私の中に1990年代から鬱積していたソフトウェア技術への憧れは、2000年にパソコンを持ち、インターネットに繋がり、そして Google が巨人になっていく様をみるにつれ、確固たるものになった。目立つ技術はソフトウェアにあった。

しかし、2007年の iPhone 登場から、目立つ技術はハードウェアに向かった。スマートフォン+ガジェット という組み合わせで新たにできることが広がったのだ。目立つのは、画面の中ではない。画面の外(ハードウェア。軽重でいえば、軽なハードウェア)である。

そして、任天堂は、ゲーム機+段ボールガジェット という組み合わせ「Nintendo Labo」(「はぁ~なるほど!」が飛び交った、『Nintendo Labo』のピアノをハンズオン | ギズモード・ジャパン, 本日発売「Nintendo Labo」の親子体験記【基本編】。驚きと感心の連続で,作る過程から面白い! – 4Gamer.net)を商品化し、段ボールガジェットの工作を遊びに組み込んだ。

2018年 現在は、見える軽なハードウェアと、見えないAI (深層学習を中心)が、 目立つ技術である。

これが、文化と相互作用している。

初出:
Facebook 2018/ 4/21

昔の乾電池

なお、乾電池は、日本人・屋井 先蔵 により発明された(1887年):

乾電池 – Wikipedia (2017年6月20日 (火) 21:34 の版)

乾電池は、小型湿電池の性能に不満を抱いた日本の時計技師屋井先蔵が、より取り扱いが簡素でまた日本の寒冷地でも使用可能な時計用小型一次電池「屋井式乾電池」を発明。