電球はモーターより40年遅生まれ

電球はモーターより40年遅生まれ

電動機 – Wikipedia [2020年1月30日 (木) 01:49 の版]

機械の動力源として使える世界初の整流子式直流電動機は、イギリスの科学者ウィリアム・スタージャンが1832年に発明した[10]。スタージャンに続き、アメリカでトーマス・ダヴェンポートとその妻エミリーと共に商用利用可能なレベルの整流子式直流電動機を開発し、1837年に特許を取得した。この電動機は毎分最大600回転で、印刷機などの機械を駆動した[11]。

ジョゼフ・スワン – Wikipedia [2020年1月15日 (水) 05:47 の版]

スワンが電球に関する特許がイギリスで認可されたのは1878年のことであった。これはトーマス・エジソンのそれの一年前である。

電球は、モーターより40年遅生まれ。

そして、光は、情報の時代を導いた。

真空管 – Wikipedia [2020年3月26日 (木) 06:57 の版]

エジソンが白熱電球の実験中に発見したエジソン効果(1884年)が端緒となり、その後フレミングが発明(1904年)した素子が2極真空管(二極管)で、3極真空管(三極管)は、リー・ド・フォレストが発明(1906年)した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。