水素チャンネルニュース 第111回 2021年5月31日号

水素チャンネルニュース 第111回 2021年5月31日号

水素チャンネルニュース
第111回 2021年5月31日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2021年5月22日から5月29日までのニュース、記事22本です。では、スタートです。

次の2本の記事は、同じニュースです。
【1】5月25日のITmedia スマートジャパン。「3つの電池で「再エネ100%」を実現する新手法、パナソニックが実証実験へ」、引用、パナソニックは2021年5月24日、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電で、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100化ソリューション」の実証に取り組むと発表した。本格的に水素を活用する工場のRE100化は、世界初の取り組みになるという。( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2105/25/news059.html )

【2】5月26日の環境ビジネス。「パナ、「純水素型燃料電池」活用のRE100化実証へ 3電池連携でエネマネ」( https://www.kankyo-business.jp/news/028171.php )

次のニュースです。

【3】5月24日の日経ESG。「パナソニック、水素に商機 新型燃料電池で脱炭素需要を開拓」、引用、「太陽電池や蓄電池に純水素型燃料電池を組み合わせることが、現実的なRE100の実現手段になる」。2021年4月9日、パナソニックアプライアンス社スマートエネルギーシステム事業部水素事業推進室の青木仁室長は報道陣を前にこう話した。( https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/atcl/column/00005/051400079/ )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【4】5月28日の環境ビジネス。「東京都、水素燃料ボイラーを低NOx・低CO2小規模燃焼機器に認定 全国初」、引用、東京都は5月27日、窒素酸化物(NOx)と二酸化炭素(CO2)の排出が少ない小規模燃焼機器を認定する「東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度」に基づき、全国の自治体で初めて、水素燃料を使用する蒸気ボイラーを認定したと発表した。5月21日に開催された認定審査等を行う諮問委員会において、三浦工業(愛媛県松山市)が申請した「水素燃料貫流ボイラ」(型式:SI-2000AS-H2A、種別:蒸気ボイラー/水素燃料)を、新たな認定区分(グレードH)として認定した。( https://www.kankyo-business.jp/news/028186.php )

【5】5月28日のPR TIMES。「【三浦工業株式会社】新規開発の低NOxバーナを搭載した水素燃料ボイラが 全国初!東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器に認定 決定」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000028191.html )

次のニュースです。

【6】5月28日の環境ビジネス。「東京ガスら、水電解用セルスタック共同開発 低コストグリーン水素製造目指す」、引用、東京ガス(東京都港区)と、SCREENホールディングス(京都府京都市)は5月26日、低コストグリーン水素製造に資する水電解システムの構築に向けて、中核部品である「水電解用セルスタック」と「水電解用セルスタックの製造装置」の共同開発に合意したと発表した。( https://www.kankyo-business.jp/news/028188.php )

【7】5月29日のNHKニュース。「水素を高効率で水から取り出す技術 新潟大大学院が開発」( https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210529/1000065044.html )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【8】5月25日のNHKニュース。「世界初 液化水素運ぶ運搬船公開 脱炭素化エネルギーへ期待」、引用、水素を液化して運ぶ世界初の運搬船が神戸市で24日、報道陣に公開されました。今年度中にはオーストラリアから水素を輸送する実証実験を始める計画です。公開されたのは、大手機械メーカーの「川崎重工業」が建造した世界で初めてとなる液化水素を運ぶ運搬船、「すいそふろんてぃあ」です。…この運搬船は来月からまず国内で液化水素を積んだあと、今年度中にはオーストラリアから日本に輸送する実証実験を始める計画です。( https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210525/k10013049271000.html )

【9】5月26日のテレビ朝日。「世界初の液化水素運搬船 脱炭素化エネルギーへ期待」( https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000217248.html )

次のニュースです。

【10】5月26日のasahi.com。「電力、自前でまかなうビル完成 金沢の清水建設北陸支店」、引用、屋上に設置した太陽光パネルで生まれた電力のうち,…1、2日程度で使う分は蓄電池へ,そして,より長い期間で使う分は水素に変えておく仕組みだ( https://www.asahi.com/articles/ASP5T75HVP5GPISC018.html )

【11】5月25日のMotorFanTECH。「H2(水素)エンジンの可能性 24時間レースでトヨタ&豊田章男社長が示した「カーボンニュートラルへの選択肢」の意味を考える」( https://motor-fan.jp/article/10019381 )

【12】5月28日のTKU テレビ熊本。「世界初!水素発電のドクターカー 熊本赤十字病院で実証実験【熊本】」、引用、熊本赤十字病院はトヨタ自動車と開発した…燃料電池を使ったドクターカーの実証実験を行うと27日発表しました。( https://www.tku.co.jp/news/?news_id=20210528-00000001 )

【13】5月25日のジェトロ 日本貿易振興機構。「水素国家戦略2030フォーラムを開催、水素産業への期待が高まる(アルゼンチン)」、引用、「水素国家戦略2030フォーラム」が5月18日、ブエノスアイレス市で開催された。( https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/05/edb216269f2bb3cb.html )

【14】5月28日のロイター。「日本向けグリーン水素供給、予想より早期実現も=豪電力会社」、引用、電力会社スタンウェルのスティーブン・キルター執行ゼネラルマネジャーは26日、…表明した。( https://jp.reuters.com/article/australia-hydrogen-idJPKCN2D90ET )

【15】5月28日のResponse.jp。「トヨタ MIRAI の燃料電池技術、エッフェル塔を照らす…定置型水素発電機で」、引用、トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は5月26日…発表した。( https://response.jp/article/2021/05/28/346226.html )

【16】5月25日のロイター。「シノペック、初のグリーン水素事業を2022年に開始」、引用、中国の国有石油大手、中国石油化工(シノペック)は、同社初のグリーン水素プロジェクトを2022年に内モンゴル自治区で開始する方針を示した。再生可能エネルギーを利用して水素を製造する。同社は水素の生産で国内最大手。今後5年間は化石燃料ベースの水素生産を重視し、国内に1000カ所の水素ステーションを設置する。( https://jp.reuters.com/article/china-sinopec-hydrogen-idJPKCN2D60KF )

【17】5月27日のWSJ.com。「水素燃料電車がやって来た ディーゼル路線クリーンに」( https://jp.wsj.com/articles/hydrogen-powered-trains-have-arrived-11622079318 )

【18】5月27日のTHE KOREA ECONOMIC DAILY GLOBAL EDITION。「「水素発電市場の35%を先取りした韓国、水素経済をリードするだろう」」、引用、世界的な水素企業セレスパワーのトニー・コクラン営業・サービス最高責任者は、韓国の水素産業についてこのように評価した。( https://www.kedglobal.com/newsView/ked202105270009?lang=jp )

【19】5月28日の日本海事新聞。「商船三井、液化CO2輸出 共同検討、リトアニアで。水素生産 事業化も」、引用、商船三井は27日、…発表した。( https://www.jmd.co.jp/article.php?no=267846 )

【20】5月24日の日本海事新聞。「ノルウェー海事局、水素ウェビナー、次世代燃料の実証事業紹介」、引用、ノルウェーハイドロゲンフォーラム(NHF)と駐日ノルウェー大使館は20日、「2021日本・ノルウェー 水素ウェビナー」を開催した。同国海事局のグリーンシッピング担当のコルビチェルン・ヘルグ氏は、国内での次世代燃料の実証事業などを紹介。水素燃料船は1隻が就航、今後2隻の竣工を控え、アンモニア燃料船は2024年ごろの竣工を予定する。( https://www.jmd.co.jp/article.php?no=267704 )

【21】5月25日のCar Watch。「フォルシア、上海汽車から商用車大型フリート用の水素タンクを受注」、引用、フォルシアは5月18日(現地時間)、上海汽車から商用車大型フリート用の水素タンクを受注したと発表した。( https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1326654.html )

【22】5月26日のPR TIMES。「「水素社会を拓く燃料アンモニアのサプライチェーンの構築に向けて」と題して、有識者5名によるセミナーを2021年7月7日(水)紀尾井フォーラムにて開催!!」株式会社 新社会システム総合研究所( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001336.000032407.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、6月3日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。