水素チャンネルニュース 第66回 2020年5月16日号

水素チャンネルニュース 第66回 2020年5月16日号

水素チャンネルニュース
第66回 2020年5月16日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2020年5月2日から5月16日までのニュース、記事21本です。では、スタートです。

【1】5月14日の環境ビジネス。「JR東日本、2050年度のCO2排出量「ゼロ」に 再エネ開発と水素利活用」( https://www.kankyo-business.jp/news/025025.php )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【2】5月12日のMONOist。「機械学習で高性能な磁気冷凍材料を発見、水素ガスの低価格化につながる可能性」引用、物質・材料研究機構(NIMS)は2020年5月12日、AI(人工知能)技術の1つである機械学習を用いることで、二ホウ化ホルミウム(HoB2)が水素液化に用いる高性能の磁気冷凍材料になり得ることを発見したと発表した。( https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2005/12/news041.html )

【3】5月14日の環境ビジネス。「世界最高クラスの磁気冷凍材料を発見 水素液化の効率化に期待」( https://www.kankyo-business.jp/news/025031.php )

次のニュースです。

【4】5月14日の日刊工業新聞。「京大など、配位高分子ガラス開発 車載用燃料電池向け」( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00557624?isReadConfirmed=true )

【5】5月12日の日本経済新聞。「ヤンマー、船舶の水素燃料で実証実験 ユニットはトヨタから」引用、ヤンマーホールディングス(HD)は12日、水素をエネルギー源とする燃料電池を使った船舶の実証実験を2020年度内にも始めると発表した。( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58976040S0A510C2LKA000/ )

【6】4月22日のResponse.jp。「アイシングループなど、愛知県刈谷市に水素ステーション開設 2021年4月」( https://response.jp/article/2020/04/22/333866.html )

【7】5月10日の産経ニュース。「「燃えると冷える」を克服 秘話が詰まった水素トーチ 出番待つ(上)」( https://www.sankei.com/premium/news/200510/prm2005100007-n1.html )

【8】5月10日の産経ニュース。「無色透明 水素の炎を太陽色に すべて手作りの水素トーチ(下)」( https://www.sankei.com/premium/news/200510/prm2005100008-n1.html )

【9】5月10日の東京新聞。「CO2排出ゼロの船舶、実用化へ 28年に、海運環境対策で工程表」( https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051001000985.html )

【10】5月3日の日本経済新聞。「燃料電池トラックを共同開発 投資額抑え実用化急ぐ」( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58749700R00C20A5XA0000/ )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【11】5月5日のNNA.ASIA。「水素産業促進へ、豪が3億ドルの新基金創設」( https://www.nna.jp/news/show/2039979 )

【12】5月8日のジェトロ 日本貿易振興機構。「オーストラリア政府、水素産業支援のため3億豪ドルのファンドを設立」アドバンシング・ハイドロジェン・ファンド( https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/05/c973789b0c63a745.html )

次のニュースです。

【13】5月13日のFuelCellsWorks。「All Party Parliamentary Group on Hydrogen Launches Inquiry Into How UK’s Hydrogen Sector can Help Support Economic Recovery」( https://fuelcellsworks.com/news/all-party-parliamentary-group-on-hydrogen-launches-inquiry-into-how-uks-hydrogen-sector-can-help-support-economic-recovery/ )

【14】5月12日のFuelCellsWorks。「California: FCEV Sales, FCEB, & Hydrogen Station Data as of May 1, 2020」( https://fuelcellsworks.com/news/california-fcev-sales-fceb-hydrogen-station-data-as-of-may-1-2020/ )

【15】5月12日のFuelCellsWorks。「Hyundai Motor to Jointly Establish Hydrogen Refuelling Station for Fuel Cell Electric Buses at Incheon Airport with IIAC, Air Liquide Korea, HyNet」( https://fuelcellsworks.com/news/hyundai-motor-to-jointly-establish-hydrogen-refuelling-station-for-fuel-cell-electric-buses-at-incheon-airport-with-iiac-air-liquide-korea-hynet/ )

【16】5月11日の36Kr Japan。「世界最大の水素生産誇る中国 燃料電池車100万台普及策の成算は?」( https://36kr.jp/68620/ )

【17】5月14日のサーチナ。「燃料電池車の開発を進める日本と韓国、なぜ中国は電気自動車なのか=中国報道」引用、中国には十分な石炭による発電が可能なので電気自動車を開発するのだと論じた。( http://news.searchina.net/id/1689359?page=1 )

【18】5月15日のジェトロ 日本貿易振興機構。「燃料電池自動車のモデル都市選定計画が進む(中国)」( https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/05/8ebe99641ceea26a.html )

【19】5月5日のResponse.jp。「ボッシュ、水素燃料電池の開発を加速…新型コロナ危機の収束後を想定」引用、ボッシュ(Bosch)は4月29日、水素燃料電池の開発を加速させると発表した。( https://response.jp/article/2020/05/05/334280.html )

【20】5月1日のSankeiBiz。「水素燃料車「MIRAI」 混迷の時代に新しい“未来”を期待」( https://www.sankeibiz.jp/business/news/200501/bsm2005010500002-n1.htm )

【21】5月16日のMotorFanTECH。「燃料電池電気自動車を普及させる意味??安藤眞の『テクノロジーのすべて』第51弾」( https://motor-fan.jp/tech/10014778 )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、5月23日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。