知識と労働力

知識と労働力「人類圏における、情報の活用による、人類あるいは他の何かの向上」で捉えた鉄道新幹線は情報産業である の考え方からすれば、人は知識あるいはその媒体(メディア)である。

対して、人は労働力である、という考え方がある。

仕事は、知識と労働力が混ざり合った概念である。

知識は、知識なしでは成功しない事象を、再現させる。偶然を必然にし、奇跡を常態化する。

対して、偶然に頼って労働力をひたすらに投入しても、成功する。

前述したように、仕事は、知識と労働力が混ざり合った概念であるが、その混ざりあった複雑性に酔うのではなく、原液である知識と労働力を認識しておくべきだ。

知識の比重を高めようという傾向が、現在の傾向である。しかし、純粋に労働力の面から捉える考え方も、持っておくべきだ。

「知識と労働力」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。