月別アーカイブ: 3月 2014

ファティック

猪瀬 直樹 : 言葉の力 -「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ, 2011) pp.79-80.  無駄話のように見えるこうした言葉の伝え合いは「ファティック(phatic)」と呼ばれる概念で、日本語に適切な訳 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

百年に一度、決定的な嘘をつくために

中西 輝政 : 情報を読む技術 Sunmark Books EPUB版 (サンマーク出版, 2012) p.142/242.  「百年に一度、決定的な嘘をつくために、九十九年間は本当のことを言い続けよ」というのが、イギリ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

交流行事がなくなるとは

私の出身は、大阪府池田市である。 平成の大合併の頃まで、全国池田サミットという行事が行われていた。 日本全国に存在する池田町および池田市と名のつく地方自治体が持ち回りで交流行事を主催していたのだ。もう少し正確に書くと、も … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ハレの伝搬・お裾分け

2014年 3月20日、バスから見える小学校に「卒業式」の立看板があり、校庭に大きな 日の丸が翻っていました。そして、出張先の駅では、制服に赤い花を刺した男子中学生が何人かいました。 ハレの場はS/N比が高いが、ハレはそ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ソチ五輪開会式

バレリーナのおねえさんがきれい。 「偉大なる成果と勝利の国なのです。」 「皆様はすばらしい競技や演技によって、私たちにインスピレーションを与えて下さるでしょう。」 「勝利を気高く祝い、敗北を気高く受入れる。」 「競争相手 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

スラブ

ソチ五輪は、ソビエト・ロシア通じて初の冬季五輪であり、またモスクワ五輪から34年がたっている。開会式では、ロシア、すなわちスラブが前面に描かれた。 開国前夜以来、我が国の外交において、「アングロサクソンとスラブ」は重要な … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

フライトアテンダント

大阪空港(伊丹空港)から羽田空港へ、飛行機に乗った時に考えたこと: 飛行機のフライトアテンダント達は、飛行機内部に覆域に収める。 すなわち、航空機会社によって、  - 航空機会社という組織によって醸成された乗務員共通の正 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする