水素チャンネルニュース 第20回 2019年4月6日号

水素チャンネルニュース 第20回 2019年4月6日号

水素チャンネルニュース
第20回 2019年4月6日号

お聞きいただきまして、ありがとうございます。

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。キャスターの新浜メチスです。

先週は、マスターが多忙のため、お休みをいただきました。今回は、2週間ぶん、およそ2019年3月23日から4月6日までのニュース、記事27本です。では、スタートです。

【1】3月13日の日刊工業新聞。「福岡市、水素ステーションでセルフ充填スタート」引用、福岡市は12日、福岡市中部水処理センター(福岡市中央区)にある水素ステーションで燃料電池車(FCV)へのセルフ充填を始めた( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00509379 )

【2】4月5日の日経 xTECH。「岩谷産業、米国で水素ステーション、4カ所を買収」( https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/040512107/ )

【3】4月5日の日本経済新聞。「ヤマハ発動機、石川・輪島で燃料電池車の公道実験 」( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43401980V00C19A4L61000/ )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【4】4月4日の日本経済新聞。「元町工場にグリーン水素 トヨタ自動車、太陽光を活用」( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43340490U9A400C1L91000/ )

【5】4月5日の日経 xTECH。「トヨタ、太陽光で水素製造、燃料電池フォークリフトで運用」( https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/040512110/ )

次のニュースです。

【6】4月5日の環境ビジネス。「トヨタ、愛知県・元町工場でも「太陽光発電→水素→フォークリフト」」( https://www.kankyo-business.jp/news/022277.php )

【7】4月1日の日刊工業新聞。「岩谷、水素ステーション建設急ピッチ 今年度内に7カ所」2019年度( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00511559 )

【8】3月8日の山梨日日新聞電子版。「県産水素、東京五輪で活用 先進技術世界へPR」山梨県( https://www.sannichi.co.jp/article/2019/03/08/00331749 )

【9】3月15日の日刊工業新聞。「水素社会「まずFCV」 兵庫県、推進構想を策定」引用、兵庫県は2050年に日常の生活や産業活動に水素を利活用する社会を目指す「兵庫水素社会推進構想」をまとめた。( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00509792 )

【10】4月2日の日刊工業新聞。「大阪ガスリキッド、水素製造装置に最小容量 FCフォーク需要開拓」「ハイサーブ―5」( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00511818 )

【11】3月26日の環境ビジネス。「「低炭素水素」を認証する愛知県 CO2排出ゼロをめざす工場を認定」( https://www.kankyo-business.jp/news/022208.php )

【12】4月5日のオートックワン。「水素時代はすぐそこ!? 燃料電池バスで最新の水素事情を追った」( https://autoc-one.jp/special/5004117/ )

【13】3月29日の経済産業省。「2019年の今、「水素エネルギー」はどこまで広がっているの?」( https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suiso2019.html )

++++++

ニュースの途中ですが
4月6日は、花冠記念日。ということで、ええっ! 筒形の花冠状を放ちますっ!。

++++++

ニュースを続けます。

【14】3月29日のYahoo!ニュース。「究極のクリーンエネルギー、水素社会はどこまで来ている?」( https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramaki/20190329-00119828/ )

【15】3月26日のジェトロ 日本貿易振興機構。「ドイツで進む水素導入の取り組み」( https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/0b5ca7b385a1fde2.html )

【16】3月25日の環境ビジネス。「水素ガラパゴス戦略から撤退」( https://www.kankyo-business.jp/column/022183.php )

【17】3月27日のAUTOSPORT web。「水素燃料電池プロトタイプカーがル・マンで初走行へ。“ミッションH24”の実現加速か」( https://www.as-web.jp/sports-car/465805 )

【18】3月28日の環境ビジネス。「経産省、2019年度予算成立 VPP構築、水素社会実現などで増額」( https://www.kankyo-business.jp/news/022234.php )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【19】3月15日の日経 xTECH。「大陽日酸、「太陽光水素」で燃料電池フォークリフトを運用へ」( https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/031512056/?ST=nxt_thmdm_solarpower )

【20】3月27日のITmedia スマートジャパン。「再エネ水素でフォークリフトを運用、大陽日酸が川崎市で」( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1903/27/news037.html )

次のニュースです。

【21】3月19日の日刊工業新聞。「パナソニック、水素製造装置に進出 滋賀で5月実証運転」引用、パナソニックは2022年の発売を目指し、水素製造装置を開発する。5月、滋賀県草津市の工場に装置を設置して実証運転を始める。( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00510180 )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【22】3月19日の日経 xTECH。「「CO2フリー水素」の製造・貯蔵を大幅簡素化、設備費50%低減」( https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/031912064/?ST=nxt_thmdm_energytech )

【23】4月2日の大学ジャーナルオンライン。「CO2フリーな水素を低コストに製造 東京大学らが世界初の技術検証」引用、東京大学、クイーンズランド工科大学、JXTGエネルギー株式会社、千代田化工建設株式会社は、「CO2フリー水素」を低コストで製造する世界初の技術検証に成功した。 従来、水素を貯蔵・運搬する際には、水電解によって生成した水素を一旦タンクに貯蔵し、「有機ハイドライド」の一種であるメチルシクロヘキサン(以下MCH)に変換する必要があった。有機ハイドライドは常温常圧の液体で、取り扱いが容易であり、水素の貯蔵・運搬に適しているが、その製造工程と設備コストが課題だった。 本検証では、水とトルエンから直接MCHを製造する「有機ハイドライド電解合成法」と呼ばれる製法を用いることで、水素を介さないMCH製造に成功した。工程の大幅な簡略化により、将来的には、MCH製造にかかわる設備費を約50%低減することができるという。 さらに今回、MCH製造に必要な電力として太陽光発電の電気を用いたことで、製造時にCO2を排出しない「CO2フリー水素」の低コストな製造を実現した。( https://univ-journal.jp/25316/ )

次のニュースです。

【24】3月12日の日刊工業新聞。「藤精機、高圧水素配管を溶接接合 開発機でサンプル作製」( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00509291 )

【25】3月10日の産経ニュース。「震災復興、次世代技術で挑む 自動運転、BRT、水素工場…産業創出」( https://www.sankei.com/economy/news/190310/ecn1903100009-n1.html )

【26】3月25日のハンギョレ。「三陟原子力発電所予定地、エコ水素都市に変身」大韓民国 江原道三陟市(サムチョクシ)近徳面(クンドンミョン)( http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33095.html )

【27】3月15日の中央日報。「「水素経済時代」に備え研究加速化するポスコ」( https://japanese.joins.com/article/303/251303.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、http://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラシュエイチツー です。

次回は、4月13日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。