諸元とは

「諸元」という言葉がよく分かっていなかったのだが、

『初弾命中。同一諸元。効力射!』

という用法で理解した。

諸元とは、ある一定(以上)の結果(=パフォーマンス)をもたらす「諸」々の「元」なのだ。

『初弾命中。同一諸元。効力射!』でなら、結果とは、目標への射撃の命中(あるいは、目標の打撃)であり、これをもたらす諸々の元が、射撃諸元なのである。

重要な視点は、諸元は、結果でないことである。機械の製造者は、機械の諸元を結果だと捉えてしまいがちであるが、その機械を使って成し遂げられることが結果なのである。

初出:
Facebook 2017/ 7/ 9

カテゴリー: 技術論 | コメントする

佐々木 常夫「そうか、君は課長になったのか。」DVD 視聴メモ

佐々木 常夫「そうか、君は課長になったのか。」DVD の視聴メモ

(注意: 正確な書き取り、聞き取りでない部分があります):

ビジネスは予測のゲーム
先手、先手の仕事方法

佐々木流『仕事の10ヵ条』

・計画主義と重点主義
  すぐに走り出してはいけない

・効率主義
  最短コース

・フォローアップの徹底
  自らの業務遂行の冷静な評価

・結果主義

・シンプル主義
 仕事のやり方をマニュアルにする

・整理整頓主義

・常に上位者の視点
・自己主張の明確化
・自己研鑽
・自己中心主義
  自分を大切にするということは、人を大切にすること

持ち時間は、時間予算の3割

プアなイノベーションより優れたイミテーション

仕事が発生したら、やらないで済む方法を考える

カテゴリー: 未分類 | コメントする

昔の乾電池

なお、乾電池は、日本人・屋井 先蔵 により発明された(1887年):

乾電池 – Wikipedia (2017年6月20日 (火) 21:34 の版)

乾電池は、小型湿電池の性能に不満を抱いた日本の時計技師屋井先蔵が、より取り扱いが簡素でまた日本の寒冷地でも使用可能な時計用小型一次電池「屋井式乾電池」を発明。

カテゴリー: 産業遺産・技術史 | コメントする

物は、いかにして社会を変えるか

○ 物が、人に新たな視点・(物によって実現された)有利な行動様式をもたらす

新たな投資先、活動、所作ふるまい

モノの抜群の機能により、現実が影響を受けて変化する

世に出された技術は、人に新たな視点を、人を導く者にカードを与える

メディア=技術=身体の拡張=感覚の拡張

グリーン車とWebサービス――モノによって人を動かす

○ 物が、生産力に関する新たな状況(現状を満たした上で、さらに余地)をつくる

水素エネルギーとハーバー・ボッシュ法、技術決定論と唯物史観

生産力に関する新たな状況は、唯物史観によれば、経済のみならず、文化などを含む社会全体の改革を引き起こす。

・物的な生産力 (エネルギーに関する)

・知的な生産力 (情報に関する) 例えば、コンピュータ、インターネット、高速鉄道 (新幹線は情報産業である)

○ 物が、人に社会(不特定の他者)への関心を増させる

生産体験と作られた物が社会を変える

物の生産を体験した人は特に、あらゆる作られた物から、それの生産に携わった他者・事への関心(好奇心)が生起させられる。

これがその人の他者とのやりとりを変え、それが積み重なって、ボトムアップに社会全体が変わる。

カテゴリー: 技術論 | コメントする

マーキュリー計画

「ドリーム 私たちのアポロ計画」邦題変更 「ドリーム」に – ITmedia ビジネスオンライン

[2017年] 9月29日公開の映画「ドリーム 私たちのアポロ計画」(原題:Hidden Figures)のタイトルが、6月9日「ドリーム」へと変更になることが決定した。「私たちのアポロ計画」という副題に対し、「アポロ計画ではなく、マーキュリー計画を扱った作品であり、内容に即していない」といった批判の声がファンから上がっていた。

映画『ドリーム 私たちのアポロ計画』邦題が酷すぎると炎上!何が何だかわからないタイトルに変更決定:はちま起稿

マーキュリー計画を描いた書籍・映画と言えば、「ライトスタッフ」があります。

岡田斗司夫ゼミ 2016年 7月24日号「模型でまなぶ宇宙開拓史~最高の頭が良くなるおもちゃレビュー」

(33分57秒から「ライトスタッフ」について)

関連:

マーキュリー・セブン – Wikipedia

カテゴリー: 産業遺産・技術史 | 1件のコメント

深層学習とロボットとの融合の際には、通信量の増大が予想される

深層学習(ディープラーニング)を実行するには、電力がいる。深層学習の演習本に、1~2kWの電源を用意してください、と書いてあって、お茶吹いた。

清水 亮 : はじめての深層学習(ディープラーニング)プログラミング (電子版) (技術評論社, 2016 〈底本は技術評論社(2017)〉) No. 196/3475.

・電源:1000W~2000Wのもの

電源は非常に重要です。深層学習におけるトラブルの中でも少なくないのが電源が壊れるという問題です。一般の使われ方を想定したPC用の電源では本格的に学習をするとすぐに壊れてしまいます。

だから、かわいく動き回るロボットの本体に、深層学習機能を組み込むのは非効率であり、深層学習の計算は電力・冷却能力が確保されたデータセンターで実施される。よって、深層学習とロボットとの融合の際には、通信量の増大が予想される。

初出:
Facebook 2017/ 4/14

関連:
ASCII.jp:人工知能では電力を消費する。そのときに石狩だと半分の使用料になるんです|スペシャルトーク@プログラミング+

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「技術論」の旧投稿先のご案内

「技術論」に関する投稿は、2010年 5月 1日以前において、こちらのブログに投稿していました。

Blog 一番星 ├技術思想

カテゴリー: 技術論 | コメントする

技術・科学系 の旧投稿先のご案内

技術・科学系 に関する投稿は、2011年 2月27日以前において、こちらのブログに投稿していました。

Blog 一番星 技術・科学系
Blog 一番星 └材料・物質・材料学

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「特許」の旧投稿先のご案内

「特許」に関する投稿は、2010年10月23日以前において、こちらのブログに投稿していました。

Blog 一番星 ├特許

カテゴリー: 特許 | コメントする

そろばんが合体した電卓

【!?】そろばんが合体した電卓が存在していた!計算結果が信用できない人向けに設計 : ガールズ速報 がるそく!

Soro-cal (Sharp)

カテゴリー: 産業遺産・技術史 | コメントする