水素チャンネルニュース 第142回 2022年5月3日号

水素チャンネルニュース 第142回 2022年5月3日号

水素チャンネルニュース
第142回 2022年5月3日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2022年3月27日から5月1日までのニュース、記事29本です。では、スタートです。

次の2本の記事は、同じニュースです。
【1】4月12日の日本経済新聞。「大阪ガス、豪でグリーン水素製造に参加 大気中の水から」、引用、大阪ガスは12日、…発表した。…2023年に年間約400トンの水素を製造できるプラントを建設する。( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF127IY0S2A410C2000000/ )

【2】4月30日の東京新聞。「「グリーン水素」を共同開発へ 大阪ガス、豪でプラント建設」、引用、大阪ガスは、30日までにオーストラリアのベンチャー企業「アクアエアレム」と…「グリーン水素」について共同開発契約を締結した。( https://www.tokyo-np.co.jp/article/174817 )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【3】4月12日の大林組。「福島県の浪江町にて国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始」( https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20220412_1.html )

【4】4月21日のBUILT。「福島県・浪江町で国内初の水素供給ネットワーク最適化に向けた実証運用を開始、大林組」、引用、大林組は、…1年間の実証運用を開始したことを2022年4月12日に発表した。( https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/2204/21/news035.html )

次の3本の記事は、同じニュースです。
【5】4月15日のPanasonic。「燃料電池工場の電力を水素を使って賄う自家発電設備 純水素型燃料電池を活用した実証施設「H2 KIBOU FIELD」稼働 燃料電池、太陽電池、蓄電池の3電池を連携・制御」( https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/04/jn220415-1/jn220415-1.html )

【6】4月18日のITmedia スマートジャパン。「3つの電池で工場を「RE100化」、パナソニックが実証施設の運用をスタート」、引用、パナソニックは2022年4月15日、…実証施設「H2 KIBOU FIELD」(滋賀県草津市)が稼働したと発表した。( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2204/18/news054.html )

【7】4月19日のMONOist。「燃料電池工場の電力を燃料電池でまかなう、パナソニックが「世界初」の実証施設」、引用、純水素型燃料電池などによって、工場消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうための実証施設「H2 KIBOU FIELD」( https://monoist.itmedia.co.jp/mn/articles/2204/19/news037.html )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【8】4月26日のジェトロ 日本貿易振興機構。「三菱重工、カーボンリサイクル燃料の日本市場への展開で、米インフィニウムと覚書を締結(米国、日本)」( https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/04/ef237c5f7390f75d.html )

【9】4月26日の環境ビジネス。「三菱重工、カーボンリサイクル燃料「エレクトロフューエル」の日本展開検討」、引用、三菱重工業(…)は4月22日…先進的な取り組みを実施しているインフィニウム(米国カリフォルニア州)と、共同検討していくと発表( https://www.kankyo-business.jp/news/031797.php )

次の3本の記事は、同じニュースです。
【10】4月5日のPR TIMES。「実証型の水素専焼発電所「富士吉田水素発電所」運転開始のお知らせ」、引用、イーレックス株式会社(…)は、本年4月6日より連続運転を開始いたしますので、下記の通りお知らせいたします。( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000029914.html )

【11】4月7日の環境ビジネス。「イーレックス、実証型「水素専焼発電所」で連続運転開始 大型化も検討」、引用、イーレックス(…)は4月6日、実証型の水素専焼発電所「富士吉田水素発電所」(山梨県富士吉田市)の連続運転を開始した。( https://www.kankyo-business.jp/news/031588.php )

【12】4月13日のITmedia スマートジャパン。「水素100%で発電する「水素発電所」、イーレックスが山梨県で実証稼働」、引用、イーレックスは2022年4月6日、山梨県富士吉田市において建設を進めていた実証型の水素発電所が連続運転を開始したと発表した。( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2204/13/news049.html )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【13】4月22日の日本経済新聞。「三菱重工、新型原子炉で水素量産 脱炭素へ低コスト技術」、引用、三菱重工業は22日、…発表した。2022年中に実証実験を始め、30年代前半に実用化をめざす。( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC207S40Q2A420C2000000/ )

【14】4月30日の東京新聞。「<マンスリー原子力施設>水素製造の実証事業始まる」、引用、日本原子力研究開発機構は22日…「高温工学試験研究炉(HTTR)」(大洗町)に水素製造プラントを建設し、原子炉建屋側と接続する実証事業を始めたと発表( https://www.tokyo-np.co.jp/article/174760 )

次のニュースです。

【15】4月12日のasahi.com。「水素で飛ぶ航空機 商用化へ共同調査 エアバス・川崎重工」、引用、12日、水素を燃料に使う航空機の実用化に向けて、水素の供給網をつくるための調査を共同で進めると発表した。( https://www.asahi.com/articles/ASQ4D5W89Q4DULFA012.html )

【16】4月4日の日本経済新聞。「三菱重工、米国でクリーン水素 米社と2400億円で事業化」、引用、総事業費は約20億ドル(約2400億円)で、米中西部ノースダコタ州で2027年までに二酸化炭素(CO2)を回収・貯留し、年30万トン超の水素を生産する事業を計画( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN210FY0R20C22A3000000/ )

【17】4月21日の日本経済新聞。「川崎市、水素関連拠点など整備へ JFE跡地」、引用、川崎市は21日、2023年9月に高炉を休止するJFEスチール…(…)の跡地の利用方針を発表した。水素・アンモニアの供給拠点や最先端技術の実験場、防災拠点を整備( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC211N80R20C22A4000000/ )

【18】4月26日の環境ビジネス。「荏原製作所、CO2を排出しない「ターコイズ水素」製造技術開発へ共同研究」、引用、荏原製作所(…)は4月22日、炭化水素などを活用したCO2を排出しない水素製造技術開発に向けて、…共同研究を開始したと発表した。( https://www.kankyo-business.jp/news/031801.php )

【19】4月22日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「JERAと九州電、中国電が燃料水素やアンモニアの導入に向けて力を合わせる!」、引用、JERAと九州電力、中国電力の3社は20日、燃料水素・アンモニアの導入に向け協業すると発表した。( https://newswitch.jp/p/31842 )

【20】4月6日のfabcross for エンジニア。「ヤマハ、トヨタ向けに5.0リッターV8水素エンジンを開発中」、引用、ヤマハ発動機は2022年2月17日、トヨタ自動車からの委託で、水素を燃料とする5.0リッターV8エンジンを開発していると発表した。( https://engineer.fabcross.jp/archeive/220406_hydrogen-powered-engines.html )

【21】4月11日の乗りものニュース。「水素or天ぷら油!? 「旅客機のCO2排出ゼロ」実現のカギは? エアバス・ボーイングの方針に違い」( https://trafficnews.jp/post/117438 )

【22】4月22日の東京ガス。「脱炭素社会の実現に向けて◆メタネーション実証試験を開始」、引用、2022年3月より東京ガスは、東京ガス横浜テクノステーション(横浜市鶴見区)のメタネーション施設にて、実証試験を開始しております。( https://www.tokyo-gas.co.jp/letter/2022/20220422.html )

【23】4月28日のYOMIURI ONLINE。「万博、発電技術や水素燃料活用でCO2ゼロ目指す」、引用、2025年大阪・関西万博の運営組織「日本国際博覧会協会」(万博協会)は27日、万博での…「カーボンニュートラル」を達成するための取り組みを発表した。( https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20220428-OYO1T50007/ )

【24】4月28日の日本経済新聞。「「水素技術、日独で交換を」 ドイツ首相、都内で講演」、引用、ドイツのショルツ首相は28日,都内での講演で「水素は将来、ガスに代わるものだ」と述べ「日独が技術面で交換していくことで繁栄につながる」( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB271P40X20C22A4000000/ )

【25】4月7日のYOMIURI ONLINE。「三菱商事、グリーン水素供給へ欧州で風力発電…シェルと連携」、引用、三菱商事の子会社…「エネコ」が、シェル、ノルウェーのエネルギー大手エクイノールなどで作る共同事業会社に10%を出資することを決めた。( https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220406-OYT1T50260/ )

【26】4月28日の日本経済新聞。「ウクライナ危機でグリーン水素に脚光 英誌編集長に聞く 科学記者の目 編集委員 滝順一」( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD191JO0Z10C22A4000000/ )

【27】4月3日のAUTOCAR JAPAN。「水素はエネルギー安全保障の「秘策」となるか 持続可能なグリーン水素の可能性は」( https://www.autocar.jp/post/804380 )

【28】4月18日のasahi.com。「水素で働く燃料電池フォークリフト 府が舞鶴港で実証事業」、引用、京都府は京都舞鶴港(舞鶴市)で行ってきた水素で動く燃料電池フォークリフト(FCFL)の導入実証事業を3月8日、公開した。( https://www.asahi.com/articles/ASQ4K6SM8Q38PLZB008.html )

【29】4月27日のITmedia スマートジャパン。「脱炭素のカギとなる「水素・アンモニア」、需要と投資の拡大に向けた方策とは?」( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2204/27/news048.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、5月14日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。