水素チャンネルニュース 第102回 2021年3月28日号

水素チャンネルニュース 第102回 2021年3月28日号

水素チャンネルニュース
第102回 2021年3月28日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2021年3月13日から3月20日までのニュース、記事23本です。では、スタートです。

次の2本の記事は、同じニュースです。
【1】3月16日の東京新聞。「水素の利用促進へ特区や法整備を 企業協議会、経産相に政策提言」、引用、水素の利用促進を目指し195の企業などが参加する団体「水素バリューチェーン推進協議会」は16日、水素社会実現に向けた政策提言をまとめ、梶山弘志経済産業相に提出した。水素に特化した特区の設立や法規制の整備などを求めた。( https://www.tokyo-np.co.jp/article/91864 )

【2】3月16日の時事ドットコム。「価格引き下げを 水素活用へ税制優遇も要請―民間協議会」( https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031601000&g=eco )

次のニュースです。

【3】3月19日のResponse.jp。「ENEOS、愛知県大府市にオンサイト式水素ステーションをオープン」、引用、ENEOSは3月18日、愛知県大府市に「大府共栄水素ステーション」を開所したと発表した。ENEOS水素サプライ&サービスが運営する。( https://response.jp/article/2021/03/19/344117.html )

【4】3月18日の環境ビジネス。「三井商船Gなど、再エネ洋上水素製造・水素供給インフラを整備へ 検討を開始」、引用、商船三井テクノトレード(兵庫県神戸市)、大陽日酸(東京都品川区)、神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市)、日本シップヤード(東京都千代田区)の4社は3月16日、再生可能エネルギー等を活用した洋上水素製造と水素燃料船等への水素供給を兼ねた船舶の導入・拠点形成の検討を共同で行う旨の基本合意書を締結したと発表した。2021年4月より本格的な検討を行う。国土交通省が推進するカーボンニュートラルポート(CNP)の形成との連携を念頭に置いたもの。今回の取り組みでは内航船への水素供給を主なターゲットにしている。大きさも停泊場所も一定でない船舶向けの燃料は、燃料供給船によって届けられるのが一般的。( https://www.kankyo-business.jp/news/027617.php )

【5】3月19日のPR TIMES。「豪州グラッドストンにおける水素エコシステム創造に向けた共同検討を開始 住友商事株式会社」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000762.000000726.html )

【6】3月20日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「岩谷産業が液化水素の製造拠点を関東に新設へ、投資額は200億円強」、引用、岩谷産業は関東エリアで新しい液化水素の製造拠点を3年内めどに設立する方針を18日明らかにした。数社と共同事業で進め、投資額は200億円強を予定。岩谷がかかわる液化水素の製造拠点は堺市、千葉県、山口県に次ぎ4カ所目となる。( https://newswitch.jp/p/26418 )

【7】3月19日の日本海事新聞。「ゼロエミ燃料、アンモニアで開発増加。小型船は水素・バッテリー」、引用、海運の脱炭素化に向けた企業連合「ゲッティング・ツー・ゼロ・コーリション」(GTZ)によると、現在、世界で進行中の舶用ゼロエミッション(実質的に温暖化ガスを排出しない)燃料の実証実験プロジェクトは106件に上り、昨夏の前回調査時に比べて6割増加している。特に大型船でアンモニア燃料船の開発計画が活発化し、2020年に新規10件が始動。( https://www.jmd.co.jp/article.php?no=265867 )

【8】3月17日の日本経済新聞。「伊藤忠エネクス、トラック給油所で水素も供給」、引用、燃料商社の伊藤忠エネクスは2020年代前半に給油所への水素ステーションの併設を始める。( https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ02EC80S1A300C2000000/ )

【9】3月15日の新潟日報モア。「柏崎で「ブルー水素」製造実験 国際帝石、国内初 CO2排出実質ゼロ」、引用、国際石油開発帝石は、新潟県柏崎市の平井ガス採収所で、国内初となる天然ガスを利用した水素製造の実証実験を2023年度に始める。( https://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20210315604181.html )

【10】3月17日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「アンモニアや水素は石炭・LNGの代わりになるか?日本の脱炭素戦略のカギに 脱炭素化へ化石燃料転換」( https://newswitch.jp/p/26359 )

【11】3月15日のジェトロ 日本貿易振興機構。「世界初の褐炭水素プロジェクト、施設の運転開始(オーストラリア)」( https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/03/af69fa0a218b305d.html )

【12】3月13日のasahi.com。「うまく安く「水素」つくれる 京大など新たな触媒開発」、引用、研究グループが開発した新しい触媒は、貴金属のルテニウムとイリジウムの合金で、水素と酸素の発生、両方の反応を進めることができる。( https://www.asahi.com/articles/ASP3C5K0YP39PLBJ00H.html )

【13】3月19日のFNN。「九大 公用車に“水素自動車”納車 モーターショーも キッチンカーや電源車など展示 福岡市」、引用、19日に納車されたのは、2020年にモデルチェンジされたトヨタの水素自動車「MIRAI」です。( https://www.fnn.jp/articles/-/158156 )

【14】3月19日のYOMIURI ONLINE。「[深層NEWS]温室効果ガス実質ゼロへの戦略「水素は究極のエネルギー」」( https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210318-OYT1T50271/ )

【15】3月16日のMONEY PLUS。「水素が数ある脱炭素エネルギーの中でも注目される理由 日本は水素先進国になれるのか」( https://media.moneyforward.com/articles/6136 )

【16】3月16日の日本経済新聞。「青木環境事業、水素利用で新潟を先導 信越企業攻めの一手」( https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB283C20Y1A220C2000000/ )

【17】3月17日のさきがけonTheWeb。「東芝、洋上風力参入へ 本県沖で風車受注狙う、水素の県内製造も検討」、引用、東芝は洋上風力発電に使う風車の製造に参入し、国が「促進区域」に指定した秋田県沖での風車受注を目指す。( https://www.sakigake.jp/news/article/20210317AK0002/ )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【18】3月19日の47NEWS。「“次世代エネルギー”水素 室蘭市 産官学で協議会5月設立へ」、引用、室蘭市は18日、脱炭素の切り札とされる水素を輸入して産業で活用するため、ENEOSや日本製鉄など22企業・団体による産学官組織を5月に設立すると発表した。( https://www.47news.jp/5988399.html )

【19】3月19日のNHKニュース。「“次世代エネルギー”水素 室蘭市 産官学で協議会5月設立へ」( https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210319/7000031954.html )

次のニュースです。

【20】3月17日の東洋経済オンライン。「FCV用「タイプ4」水素タンク、中国企業が量産へ ノルウェー企業と合弁設立、年産10万本目指す」、引用、中国の中集安瑞科控股(CIMCエンリック・ホールディングス)は3月3日、…発表した。( https://toyokeizai.net/articles/-/416265 )

【21】3月18日の日本経済新聞。「大分高専と地元新興企業、水素精製技術の研究室 社会実装めざし連携」、引用、大分工業高等専門学校は17日、水素精製装置の研究開発スタートアップ、ハイドロネクストとの研究室を校内に設けたと発表した。( https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70068490X10C21A3LXC000/ )

【22】3月18日のジェトロ 日本貿易振興機構。「官民で活発化する水素活用への取り組み(ドイツ)」( https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2021/52d5d6be24e2168b.html )

【23】3月15日の日本商工会議所。「「水素社会を見据えた自動車産業の戦略」(駐日スペイン大使館)」、引用、【日時】2021年4月14日(水曜日)午後16時~18時20分( https://www.jcci.or.jp/news/trend-box/2021/0315143751.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、3月28日 日曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。