水素チャンネルニュース第69回 2020年6月14日号

水素チャンネルニュース第69回 2020年6月14日号

水素チャンネルニュース
第69回 2020年6月14日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。アナウンサーの新浜メチスです。

今回は、およそ2020年6月6日から6月14日までのニュース、記事18本です。では、スタートです。

次の4本の記事は、同じニュースです。
【1】6月10日の日本経済新聞。「川崎重工業、水素液化機を販売 FCVなど需要見込む」引用、川崎重工業は10日、国内メーカーとして初めて水素液化機の販売を同日始めたと発表した。( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60214710Q0A610C2XA0000/ )

【2】6月11日の電気新聞。「水素液化機、国内メーカー初の販売開始/川崎重工、1日で5トン製造可能」( https://www.denkishimbun.com/archives/59975 )

【3】6月12日の環境ビジネス。「川崎重工、国内メーカー初「水素液化機」を発売 99.999%の高純度製造」( https://www.kankyo-business.jp/news/025292.php )

【4】6月13日のResponse.jp。「川崎重工、水素液化機を発売…1日にFCV1000台分を製造 日本メーカーで初」( https://response.jp/article/2020/06/13/335551.html )

次のニュースです。

【5】6月8日の日刊ケミカルニュース。「東亞合成 徳島県に水素ステーションを開設 今年度の開業を目指す」引用、東亞合成はこのほど、徳島県の「水素グリッド構想」に賛同し、同社徳島工場(徳島市川内町)の隣接地にオフサイト方式による定置式水素ステーションの開設を決定した。( https://chemical-news.com/2020/06/08/%E6%9D%B1%E4%BA%9E%E5%90%88%E6%88%90%E3%80%80%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E3%81%AB%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%80%80%E4%BB%8A/ )

【6】6月11日の科学技術振興機構。「1つの触媒で3つの水素利用:燃料電池、水素製造、水素化 ~次世代のエネルギーである水素を効率よく利用する道の開拓~」( https://www.jst.go.jp/pr/announce/20200611/ )

【7】6月8日のITmedia スマートジャパン。「水素でCO2回収を低コスト化する新技術、カーボンリサイクの普及を後押し」引用、名古屋大学の研究グループは2020年6月、水素を利用して火力発電所などの排ガスに含まれるCO2を回収する技術を開発したと発表した。( https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2006/08/news095.html )

次の3本の記事は、同じニュースです。
【8】6月10日の時事ドットコム。「独、水素活用に1.1兆円 日本との協力重視」引用、ドイツ政府は10日、燃焼時に二酸化炭素(CO2)などを発生させない水素をエネルギーとして活用する「水素戦略」を閣議決定した。( https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061001242&g=int )

【9】6月11日のロイター。「独、CO2削減へ水素戦略を閣議決定 世界で主導的地位目指す」( https://jp.reuters.com/article/germany-energy-hydrogen-presser-idJPKBN23I0S1 )

【10】6月12日のニューズウィーク日本版。「ドイツ「水素技術の分野で世界ナンバーワンとなるための道筋を定めた」」( https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93664.php )

次のニュースです。

【11】6月10日のPR TIMES。「「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」で自立型水素エネルギー供給システム「H2One?」が稼働開始」東芝エネルギーシステムズ株式会社( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000032322.html )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【12】6月12日の環境ビジネス。「ホンダ、燃料電池車の個人向けリース開始 水素ステーションのある都道府県で」引用、本田技研工業は6月11日、燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」の個人向けリースの取り扱いを同日より開始すると発表した。( https://www.kankyo-business.jp/news/025297.php )

【13】6月13日のclicccar.com。「ホンダの燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエル セル」、一般ユーザー向けにもリース販売を開始」2020年6月11日( https://clicccar.com/2020/06/13/985146/ )

次のニュースです。

【14】6月8日の時事ドットコム。「水素で製鉄、50年めど実用化 「脱炭素宣言」に137社・団体」引用、産業部門では排出量の大きい鉄鋼業界が2050年をめどに、石炭を使わず水素を利用した製鉄技術を開発する目標を掲げた。( https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060800819&g=eco )

【15】6月11日のNNA.ASIA。「現代ロテム、水素ステーション事業に参入」引用、現代自動車グループで鉄道車両製造などを手掛ける現代ロテムは10日、燃料となる水素を供給する水素ステーション事業に参入すると発表した。( https://www.nna.jp/news/show/2055013 )

【16】6月11日のTechCrunch Japan。「テスラのライバルで時価総額3兆円のNikola、水素電池搭載ピックアップトラックの予約を受け付け」( https://jp.techcrunch.com/2020/06/11/2020-06-09-nikola-motor-to-open-pre-orders-for-fuel-cell-pickup-truck-to-compete-with-ford-tesla/ )

【17】6月4日の財経新聞。「究極のクリーンカーその1 燃料電池車」( https://www.zaikei.co.jp/article/20200604/569228.html )

【18】6月8日の財経新聞。「究極のクリーンカーその2 水素エンジン車」( https://www.zaikei.co.jp/article/20200608/569450.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、https://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、6月20日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。