2027年の社会は、自動運転のリニアをどのように受け入れるのだろう

2027年の社会は、自動運転のリニアをどのように受け入れるのだろう2027年、リニア中央新幹線が東京-名古屋間で営業運転を開始する。

リニアは、自動運転である。運転手はいない。

1990年代に放送されたリニアを取り上げた番組に、こんなオチがあった。

リニアの技術の説明を受け終わった若い男性が、走行するリニアの最前列で前窓の景色を見ながらくつろいでいる。彼は、ふと気付く。運転手は、どこにいるのだろう。番組のナビゲータ役の初老の男性が語る、「自動運転なのですよ」。途端に、若い男性は恐がりだし、席を立って、車両の後方に行こうとする。

2027年の社会は、自動運転のリニアをどのように受け入れるのだろう。

初出:
Facebook 2016/11/ 8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。