科学は技術化した

科学は技術化した私の中で科学は技術化した。

技術の反対語は

I氏によれば、技術とは、(特別な能力をもっていない人でも、特別な訓練を受けていない人でも)誰にでも同じ物を作れるようにすることである。

つまり、人による物事の実現に関して、個人の能力を高める教育とは全く逆のアプローチなのである。

茂木 健一郎 : 思考の補助線 (ちくま新書, 2008) p.207.

研究を行う者が天才であろうが、秀才であろうが、そのような人物としての特性にはかかわらずに、ある方法論に従ってさえいれば、収集するデータの有効性や理論の普遍性が担保される。天才がやらなければ成功しないというような実験には科学としての意味はない。どんなに平凡な人間でも、性格の悪い人でも、善意に満ちた人も、あるプロコトルに従って操作さえすれば、同じ結果が出る。これが、科学という知的営為の偉大なる大前提である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。