循環する社会の中で

循環する社会の中で「銀河英雄伝説」の、ヤン・ウェンリーが語る民主主義の功・専制政治の罪からの発想:

「専制政治の罪とは、人民が政治の失敗を他人のせいにできる、という点に尽きるのです。その罪の大きさに比べれば、百人の名君の善政の功も小さなものです。」

神→王→民

から

┌←←←┐
└→民→┘

への社会の変化によって、民には、神や王への期待がなくなったことによって、停滞感が生まれる。

その停滞感を打破する思想が、多数構成員の思考連結、集合無意識(を意識にする)、「人類補完計画」、アーカシャあるいはアカシックである。

「循環する社会の中で」への1件のフィードバック

takagi1 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です