仕事」カテゴリーアーカイブ

「戦略というのは何をしないかを決めること」の前に

西村 博之 : 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書, 2007) p.225. 小飼 そう。だから決定を行う者にとって一番大事なのは、何をやらないかということなんですよ。そして、何をやるべきかは、技術者はみん … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | 1件のコメント

知識と労働力

「人類圏における、情報の活用による、人類あるいは他の何かの向上」で捉えた鉄道 や 新幹線は情報産業である の考え方からすれば、人は知識あるいはその媒体(メディア)である。 対して、人は労働力である、という考え方がある。 … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | 1件のコメント

戦略とは、『部分的無知の状態』での意思決定のためのルールである

西村 行功 : 「10年後の自分」を考える技術 (星海社新書, 2012) p.265.  経営学者のイゴール・アンゾフは、 「戦略とは、『部分的無知の状態』での意思決定のためのルールである」 と言った。

カテゴリー: 何をすべきか | 1件のコメント

春日山城壁書

上杉謙信の言葉1)「運は天にあり・・・」全文と、… | レファレンス協同データベース 1)上杉謙信の居城、春日山城の壁に書かれた“壁書”。 「運は天にあり。鎧は胸にあり。手柄は足にあり。何時も敵を掌にして合戦 … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

経済的生産は知的歴史にとって基礎をなす

マルクス, エンゲルス=著, 大内 兵衛, 向坂 逸郎=訳 : 共産党宣言 (岩谷文庫, 2007) p.10. (エンゲルスによる「1883年ドイツ語版への序文」)  『宣言』をつらぬいている根本思想は次のことである。 … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

統一の世の中

以下の三つの考えを土台に据えることは、有益である: ● 佐藤 篁之 : 「満鉄」という鉄道会社―証言と社内報から検証する40年の現場史 (交通新聞者新書, 2011) p.201. [仙石 貢 南満州鉄道 第11代総裁は … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

PDCAの「C」に集中する

「イージスの父」Meyer提督の物造り哲学 第3項の本質は、“PDCAの「C」に集中する”ことにあるのだと、下記する本2冊を読んで、気づいた: 大熊 康之 : 軍事システムエンジニアリング―イージスからネットワーク中心の … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

圧倒性と奇策の違い

上級指揮者は、圧倒性を追求する。なぜならば、圧倒性が、他者に我が意志を強制するからだ。すなわち、圧倒性が戦略の成果の源泉であるからだ。 圧倒性のためには、複数の任務遂行パッケージが堅牢に機能していなければならない。任務遂 … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

協働者に身構えさせない

協働者に身構えさせたら負けである。 #* — TAKAGI-1 高木 一 (@takagi1) November 16, 2013 全体を示すこと 導入は、相手を驚かせないように書くものだ

カテゴリー: 仕事 | コメントする

実施の肝要

何かを実施するときには、以下を知っていると最強である: ・実施の始点を知っていること。(:依頼先、依頼書類様式など) ・状況の操縦法を知っていること。 ・次に起こることを知っていること。 ・現在の状態を知っていること。( … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする