事故現場を保護せよ

事故現場を保護せよ事故は、失敗の、最も先鋭化した発露である。しかし、それは破壊されている。

事故現場を保護せよ。失敗の他の発露を失せさせるな。

他の発露は、破壊されていない現在進行形の発露である。精緻に観察・分析すれば、豊かな情報源になる。しかし、それは、柔らか(それ自身が事故になっていないということは、致命的な段階まで進んでいない、ということなのだ)で、失われやすい。

例えば、破断面を洗浄するな。付着物が、失敗原因を推定する大きな手がかりになる(付着物は、事故現場が置かれた環境を示す。異物、腐食原因になったイオン、など)。

関連:

「事故現場を保護せよ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。