投稿者「takagi1」のアーカイブ

政治に対して軽挙妄動でないように

政治に対して軽挙妄動でないように、以下に挙げる手段・場を整備/保守/改良し、使用する・住まう人間であるべきである。それによって、政治が、適切な解答を導き出し、それを実行する能力が高めることに、役立てることができると考える … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

聖と俗の地形

NHK「ブラタモリ」でよく出てくる、断層が聖と俗(あるいは、死と生)の境目になっているという認識は、標高の高い場所が価値が高いものだとする認識によるものだと考えられる。河川氾濫への備えや制高が実益的理由だろうが、それが心 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

世界は混ざり合っており、歴史は編修されている

鎌倉の海岸に赤潮が発生し、夜は赤潮のなかの夜光虫の発光で幻想的な光景になっている、との報道。 公害について習ったときに、夜の赤潮の話はなかった。 世界は混ざり合っており、歴史は編修されている。 初出: Facebook … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

海自初、米海軍大教授に

海自初、米海軍大教授に…元幕僚長・武居さん (武居智久 – Wikipedia 海将) http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20170410-OYTNT5 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アルマダ

トランプ米大統領が『アルマダ』という語を使ったというので、「なるほど、自国の空母打撃群を持ち上げつつ、油断したら負けるぞ、命を懸けた任務なのだぞ、と訓示しているのだね。メメント・モリだね」と思っていたら、『the Arm … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

忖度という言葉が、その危険性を意識させずに多用されることは、危険である

忖度(そんたく)。 忖度(ソンタク)とは – コトバンク デジタル大辞泉の解説 [名](スル)他人の心をおしはかること。「相手の真意を忖度する」 大辞林 第三版の解説 ( 名 ) スル 〔「忖」も「度」もはか … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

1945年 4月 7日(土曜日)

4月7日。 戦艦大和撃沈と、鈴木貫太郎内閣成立は、同日、昭和20年(1945年) 4月 7日(土曜日)。 戦艦大和: 辺見じゅん「男たちの大和」 | 無窮ナレッジ 電子書架 鈴木貫太郎内閣: 「日本のいちばん長い日」(2 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

地に足の付いた八紘一宇

米国が一国主義をとろう(先の大戦以前に戻ろう)とするなか、我が国がとるべき道のひとつとして、『地に足の付いた』八紘一宇が考えられる。 初出: Facebook 2017/ 2/11

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不安だ

先日、電車の中で耳にした会話(日本人)は、会話の片方が、日本の歴史に詳しい口ぶりなんだけれど、いろいろ間違えていて、例えば、飛鳥時代と奈良時代がごっちゃになっていたり、鎌倉時代と室町時代がごっちゃになっていたりしていた。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

教育

「歴史」を学ぶ小・中・高校生が知っておいたほうがよいこと 有害物質に対して、社会はどうあるべきか メタノールとエタノールの水溶液を蒸留して、互いを分離させることはできない ドイツの政治教育3原則「ボイステルバッハ・コンセ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする