くい物を解せぬ者は、なんにも上手にならぬ

くい物を解せぬ者は、なんにも上手にならぬ池田・Keeper Girlsブログ池田に滞在した画家・呉春(1752~1811)の言葉です:

池田市・池田市教育委員会=編 : 池田学講座 -新たに知る池田、改めて出会う池田- (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.116.

呉春は「一菜会」という月に2回、気のあった仲間が集まり、互いにもてなすという味覚鍛錬の会もはじめています。呉春はつねづね「くい物を解せぬ者は、なんにも上手にならぬ」といっていたと伝えられ、食通であった呉春の一面をかいま見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です