鍋井克之(なべい かつゆき,1888-1969)

鍋井克之(なべい かつゆき,1888-1969)

洋画家。「秋の連山」で二科賞(第2回二科展、1915年)。1930年から北轟木(現,住吉1丁目)を活動の場とする。1946年に中川紀元、宮本三郎らと第二紀会(後、二紀会と改称)設立。著書『閑中忙人』『大阪繁盛記』『大阪ぎらい物語』。1960年、名誉市民。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.138.

樫野南陽(かしの なんよう,1887-1956)

樫野南陽(かしの なんよう,1887-1956)

日本画家。「まみづ汐水」が第1回文展(1907年)3等賞。疎開を除き1928年から生涯、小阪前町(おさかまえ、現、綾羽2丁目)に住む。前田金吾や池田正雄らの「南陽後援画会」、小林一三や清瀧幸次郎らの「南一会」が定期的に作品を購入し経済的に助けた。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.136

武田義三(たけだ ぎぞう,1896-1975)

武田義三(たけだ ぎぞう,1896-1975)

政治家。武田帯芯商店に勤め、1920年、武田家に迎えられる。1928年から社長。大胆な宣伝で社業を拡大し、池田経済界の中心人物になる。1947年、公選第1期市長。五月山公園(緑地)整備(1949年~)、五月ヶ丘住宅開発(1957年~)。7期28年に渡って市長を務める。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.134

6代目 いけだ織姫姉妹 活動開始

2022年10月22日の「池田市商業祭」(於:池田駅前公園)の中の「第6回いけだ織姫コンテスト」にて、6代目 いけだ織姫姉妹が選出されました。

左:クレハトリ まなみ さん。右:アヤハトリ みさき さん です。


10月29日、「くれはフェスティバル」(於:呉服小学校)にて活動開始されました。

木谷千種(きたに ちぐさ,1895-1947)

木谷千種(きたに ちぐさ,1895-1947)

日本画家。室町の叔父宅に寄寓。第1回大阪美術展覧会入選「新居」と第9回文展入選「針供養」を室町で制作。大阪天下茶屋の自宅に画塾「八千草会」(後に八千草会研究所に改称)を設立。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.130.

小川月舟(おがわ げっしゅう,1891-1967)

小川月舟(おがわ げっしゅう,1891-1967)

写真家。1927年に代表作「瀞峡」。同年、大阪北浜に小川月舟写真場を開き、室町から通う。戦後は、全関西写真協会の会長をつとめ、1960年に日本写真協会功労賞。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.128.

高木和夫(たかぎ かずお,1887-1964)

高木和夫(たかぎ かずお,1887-1964)

音楽家。1914年、宝塚少女歌劇(現,宝塚歌劇)第1回公演にて歌劇「ドンブラコ」等3作の音楽監督・楽団指揮・ピアノ演奏。室町に居を構える。以降、在職50年、宝塚歌劇団の指導的な作曲家。「モン・パリ」(1927年)、「パリゼット」(1930年)の編曲。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.126.

小倉金之助(おぐら きんのすけ,1885-1962)

小倉金之助(おぐら きんのすけ,1885-1962)

数学者。1917-1937年、室町に居を構える(途中の1919-1922年にフランス留学)。塩見理化学研究所長、大阪医科大学(後の大阪大学)教授。東京に移った後、東京物理学校理事長。著作は『小倉金之助著作集』第1~8巻にまとめられる。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.124.

大阪府池田市と、五月山動物園公式PRアイドルグループ「Keeper Girls」について