皆川庸匡(みながわ ようきょう,1863-1894)

皆川庸匡(みながわ ようきょう,1863-1894)

歌人・国文学者。豊能高等小学校の教員として池田に赴任。和歌・国文学の私塾「伊居太学館(いけだがっかん)」を開く。葛野教譲(葛は下部「ヒ」が正)(枯骨)・岸上又吉・林田松三郎(炭翁)・戸田利氏・戸田クマ子・寺部君子・石井愛子らが師事。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.90.

皆川庸匡に関する収蔵品/池田市

稲束芝馬太郎(いなつか しばたろう,1855-1932)

稲束芝馬太郎(いなつか しばたろう,1855-1932)

蔵幅家・鑑識家。「呉郷春秋会」(設立時は,呉郷審美会。1905年-1944年)の設立の中心人物。1914年には、芝馬太郎を中心にして、池田町長・伊居太神社宮司・池田師範学校の教員らによって「池田史談会」が発足した(~1943年)。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.88.

山口樟蔭(やまぐち しょういん,1827-1905)

山口樟蔭(やまぐち しょういん,1827-1905)

漢学者。漢学所(のちの大学校,京都)の教官、私塾長、十津川藩校、吉野師範学校の教員を経た後、1890年、池田村柳屋町(現,綾羽1丁目)に漢学の塾を開く。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.86.

田村駒治郎(たむら こまじろう,1866-1931)

田村駒治郎(たむら こまじろう,1866-1931)

実業家。貴族院議員。染色法を発展させた。図案意匠に長け、アメリカ生まれの福の神「ビリケンさん」を自社の優秀商品の代表商標に登録。死後、遺言によって多額の寄付を池田町に寄せ、池田公会堂が建設された。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.84.

森秀次(もり しゅうじ,1855-1926)

森秀次(もり しゅうじ,1855-1926)

政治家。1876年、豊島郡古江村(現,古江町)の大地主森家に入る。村会議員、大阪府会議員。1899年、大阪府会副議長。1903年、衆議院議員に初当選。地租修正運動、箕面の公園化、師範学校の設置場所問題に尽力する。箕面公園内に銅像がある。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.82.

北村儀三郎(きたむら ぎさぶろう,1883-1933)

北村儀三郎(きたむら ぎさぶろう,1883-1933)

実業家。実家の酒造業を継ぎ、池田の酒造史『池田酒史』を出版。池田自動車運送株式会社・池田土地株式会社・摂池銀行等で要職を重ねた。1919年には豊中市待兼山で実施された陸軍特別大演習において、大正天皇に御前講演を行う。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.80.

岸上善五郎(きしがみ ぜんごろう,1850-1916)

岸上善五郎(きしがみ ぜんごろう,1850-1916)

実業家。東市場村(現,天神1丁目)の豪農岸上家に生まれ、その後、父は本町(現,栄本町)で酒造業を営む。善五郎は、地域資本によるはじめての銀行、摂池銀行(せっちぎんこう。1895年,設立-1927年,山口銀行に吸収合併)を設立した。

参考文献: 池田市・池田市教育委員会=編: 続池田学講座 ―人物誌編― (池田市・池田市教育委員会, 2009) p.80.

40年前の石橋駅ホーム


撮影=1984年3月13日
阪急宝塚本線 – Wikipedia [2022年4月26日 (火) 17:24‎ の版]

1982年(昭和57年)3月29日:平日朝の雲雀丘花屋敷発梅田行の急行2本で、阪急最初の10両編成運転を開始。

大阪府池田市と、五月山動物園公式PRアイドルグループ「Keeper Girls」について