1961年にカップ麺はあった、でもやっぱり百福さんは偉大だった

1961年にカップ麺はあった、でもやっぱり百福さんは偉大だった池田・Keeper Girlsブログ2019年10月 6日、NHK大河ドラマ「いだてん」で衝撃的なシーンが放送されました。

1961年にカップ麺は存在したのです。

池田市在住だった 安藤 百福 翁(故人。池田市名誉市民)の日清食品が「カップヌードル」を発売するのは、1971年。

私と同様に、カップ麺発明の中心人物として 安藤 百福 翁を考えていた人々には、動揺が走ったことでしょう。

しかし、調べてみると、改めて、そしてより深く 安藤 百福 翁の偉大さに気づかされました。

カップ麺は、即席麺を容器にいれただけでは、完成しなかったのです。

  ↓に、まとめました:
  カップ麺の はじまり

「インスタントラーメン発明記念館」(現・カップヌードルミュージアム 大阪池田) 開館から、今年で20年。池田市における 安藤 百福 翁への知の段階は、広く浅く から 広く深く に移行すべき段階なのかもしれません。

安藤百福氏銅像碑文 by中曽根元総理↑安藤百福氏銅像碑文

「1961年にカップ麺はあった、でもやっぱり百福さんは偉大だった」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です