一難去る、ウォンバットの池田到着は10月4日に予定変更

一難去る、ウォンバットの池田到着は10月4日に予定変更池田・Keeper Girlsブログ五月山動物園の新たなウォンバットの導入について、最速で 9月27日 到着予定でしたが、書類上の問題(様式変更に関する認識不足)の解決に時間を要したため、10月 4日到着に予定変更されました。

関係者の皆様、お骨折り ご苦労様です。


池田市長 倉田薫のとびある記 No.4049/池田市ホームページ (2017/ 9/29) 抜粋

懸案のウォンバットの移入に関するトラブルについては、オーストラリアの大使館の方が本当に親切に対応くださり、ほぼ解決できたようです。今の予定では10月の3日にメルボルンを出発して4日の朝に到着することになっています。まだまだ実際に飛び立ったという連絡が来るまでは気が抜けないですね。


池田市長 倉田薫のとびある記 No.4044/池田市ホームページ (2017/ 9/22) 抜粋

昨日の夕方に「恐れていた情報が入ってきました。」、ウォンバットの輸出、輸入についての手続きで若干のトラブルが発生しているというのです。「若干のトラブル?そんなの想定の範囲内でしょ。ウォンバットが池田に到着するまでは安心できない。そう言ってたでしょ!」ということで、担当者の皆さん、今日も引き続き対応に追われるようです。

池田市長 倉田薫のとびある記 No.4046/池田市ホームページ (2017/ 9/26) 抜粋

もう一つ、昨日はウォンバットの導入についての最終調整段階でトラブルが発生したため、その対処について、担当者がオーストラリア大使館をはじめ、関係機関と調整をしてくれておりましたので、その報告を聞かせていただきました。

ということで今日は、いよいよ最終段階に入っているウォンバットの導入についての調整を関係機関と引き続き打ち合わせをさせていただくことになります。極めて厳しい状態ではありますが、慎重に対応させていただきます。

池田市長 倉田薫のとびある記 No.4047/池田市ホームページ (2017/ 9/27) 抜粋

今日のトップニュースは「ウォンバット関空に到着」の予定でしたが、残念ながら今日の到着は無理になりました。原因の一つは、日本とオーストラリアの協定に基づく動物の衛生証明書の様式が変わっている(昨年の5月27日)ことについて、動物園長のケリーさんを含む、それぞれの担当者が正しく認識できていないことにあります。ケリーさんは今まで通りのことを行なっている(それでトラブったことはないのに)のに日本検疫でなぜ受け入れられないのか?と少々お怒りの様子でした。

結局、オーストラリア大使館に中に入っていただいて、様式が変わっていることなどについて説明をさせていただいているというのが現状です。したがってウォンバットの到着はもう少し遅れるようです。「早く来い来いウォンバット」ですね!

池田市長 倉田薫のとびある記 No.4048/池田市ホームページ (2017/ 9/28) 抜粋

休憩中は、前日に引き続きウォンバットの移入に関する状況の報告を聞きながら、大使館への連絡等の指示をしていましたが、今尚、手続き完了の連絡が入ってきていません。今日は在オーストラリア日本大使館へ応援の要請をさせていただこうと思っています。なんとかローンセストン市長の訪問に合わせて来てくれるといいのですが、流石の私も少々慌てています。

English edition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です