A Better Life, A Better World

先日、電車の車内に、パナソニックのリフォームの広告がありました。そこに「A Better Life, A Better World」という言葉がありました。

いい言葉だな、と思いました。

調べると、2013年から使われているパナソニックのブランドスローガンなのだそうです。

パナソニック社は、

新ブランドスローガンとして「A Better Life, A Better World」を制定 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

…様々なパートナーとお客様一人ひとりにとっての“より良いくらし”を追求し、拡げていくと共に、地球環境への貢献をはじめ、グローバルに“より良い世界”の実現に貢献していく、というメッセージ

と解説していますが、パナソニック社の意向に関わらず 私なりに読み解くと、「Better Life がいくつもあって、それぞれにつながっている Better World がある」ということです。

図示すると、下記になります:

Better Life (A) — Better World (A)
Better Life (B) — Better World (B)
Better Life (C) — Better World (C)
        ・
        ・
        ・

さて、これを実現するために必要なのが、それぞれの Better World の整合です。図示すると、下記になります:

Better Life (A) — Better World (A) ┓
Better Life (B) — Better World (B) ╋ The Better World
Better Life (C) — Better World (C) ┫
        ・
        ・
        ・

整合を実現する手段が、昔は、「The Better World」の分割でした。

昔は、社会参加とは、社会を構成する一つの組織(一つの層あたり。例えば、a社で働き、b地域に住む)に どっぷり所属すること (例えば、顔を晒して、フルタイムで) であったからです。

しかし、現在・近未来では、それぞれの Better World を、共有部分と非共有部分に分けて、共有部分を持ち寄って整合させ「The Better World」を作ることができます。

現在・近未来では、情報通信技術の発達により、一つの組織(一つの層あたり)に どっぷり所属することは、社会参加に必須ではありません。例えば、顔を晒さなくても、パートタイムでも参加できます。同じ層にある複数の組織に参画する(a1社でもa2社でも働き、b1地域に住みつつ、b2地域にも関わる)ことも可能です。

また、情報処理技術の発達により、それぞれの Better World の非共有部分の間の軋轢(あつれき)は、システムを間に挟み、緩衝材にすることで解決されます。

ネットの長所である多様性を活かすには、Webサービスを使えばいい

ネット上の多様な意見を紹介する『意見サーチ』がパワーアップ

 佐々木俊尚氏の 「脱原発に向かうためのネット論壇の課題。佐々木俊尚「『落ち着くところに落ち着く』では、日本社会は進歩しない」」
 
を読んだことです。ネットユーザ一人一人においてネットが単一な内容になる、すなわちネット上で単一の意見にしか接しない、いわゆる「半径ワンクリック」の問題が大きくなっていることを感じました。

ネットの大きな長所のひとつは、制限の無さから生じる多様性です。しかし、人の性(さが)が、それを利用する際に単一的なものにしがちです。

人の性(さが)を苦なく矯正することが、機械がもつ役割のひとつです。

しかし、最もよく使われるネット上の機械である検索エンジンは、ネット上の多様な意見を順位づけして表示することによって、単一的にしてしまいます。検索結果最初のページにはファーストオピニオン、セカンドオピニオンしか表示されないのです。検索結果をどんどん読んでいけば、多様なサードオピニオンに出会います。しかし、人は検索結果最初のページでほとんど満足してしまい、それ以上を読むことは少なく、多様なサードオピニオンに出会わないのです。

ネットの長所である多様性を活かすには、新たな機械が必要です。

例えば、意見サーチ ――みんなの多様な意見を紹介 。少し下った検索結果順位のページを紹介します。

論証によってより正確な未来を言葉で構成する

解説 理性と自由を軸にしよう | 日本を持ち上げる方法

理性と自由を軸にしよう。理性に従い、自らを拘束せず、そして他者の自由を認めよう。

この項には、優先事項を書いた。

理性

理性を持ち続けましょう。「論証によってより正確な未来を言葉で構成」しましょう (「空気」の研究 p.218)

平昌オリンピックの観客輸送

五輪開会式後、深夜に観客大混乱「電車は終わりました」 – 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル 2018/ 2/10

気温は零度を下回り、冷え込んでいく。音楽を流して楽しむ団体もいれば、イライラし出す人も。遅々として進まない行列に、ある米国人男性は「輸送で、五輪の評価は決まるよね」。

平昌オリンピックに向け、韓国では

・高速鉄道 京江線KTX
ソウル-襄陽高速道路、広州原州高速道路 (第2嶺東高速道路)
仁川国際空港 第2旅客ターミナル

が整備されました。

第23回 オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)/平昌2018パラリンピック冬季競技大会 開催地 平昌・江陵について|JTBスポーツ

コトノハセイサクシヨ 平昌オリンピック臨時対応

ヒトは移動を欲する生き物

NHK「ブラタモリ」の

  ・#95 宝塚 の回で説明された、宝塚が大阪商人の商談の地であった点

  ・#96 田園調布 の回で説明された、円周状の街路によって、道を歩く人の視野の中心に生け垣を見せることによって、散歩を誘発させている点

を見て考えたのは、ヒトは、移動を欲する生き物なのではないか、ということです。

そして、最も低いエネルギー消費で移動欲を満たす行為が、散歩です。

散歩を誘発するためには、ヒトの周囲を、高密度に変化を富ませる必要があります。

インフラを守るのは、人であり、街です

北陸の大雪によって道路に立ち往生した車に、付近の飲食店が炊き出しをした件。

 豪雪で立ち往生の車に500人前 餃子の王将、無償で:朝日新聞デジタル 2018/ 2/ 7

 豪雪で車両立ち往生 「餃子の王将」以外のラーメン店も食料を無料提供 – ライブドアニュース 2018/ 2/ 8

駅弁が列車が運転見合わせになったときの乗客への食料に使われたり、中国の空港で運行が遅れている飛行機の乗客に 空港のマクドナルドの食べものが渡されたことを、思い出しました。

インフラを守るのは、人であり、街です。

意見は多様であるのが自然です

解説 理性と自由を軸にしよう | 日本を持ち上げる方法

理性と自由を軸にしよう。理性に従い、自らを拘束せず、そして他者の自由を認めよう。

この項には、優先事項を書いた。

多様性を尊重しましょう。

意見は多様であるのが自然です。なぜならば、個々の人間は、完全には合理的でなく、限定された領域において合理的だからです。

  • 勝ちさえすればそれでよいという「勝利主義」
  • 現場に判断権を与えない「集権主義」
  • 個人の全ては全体に従属すべきとする「全体主義」
  • 全体主義を導きやすい「精神主義」

これらにとらわれると、多様性を軽んじるようになるので、注意しましょう。

菊澤 研宗 : 組織は合理的に失敗する (日経ビジネス人文庫, 2009) p.282.

ノーフリーランチ定理は、思想の多様性の重要性を理論的に裏づける

ノーフリーランチ定理 – Wikipedia (2015年4月27日 (月) 15:06 の版)

この定理は「あらゆる問題で性能の良い汎用最適化戦略は理論上不可能であり、ある戦略が他の戦略より性能がよいのは、現に解こうとしている特定の問題に対して特殊化(専門化)されている場合のみである」ということを立証している(Ho and Pepyne、2002年)。

知的ネット社会の設計 #規範

… ノーフリーランチ定理とは、どのような問題に対してもうまくいく、万能な方法はない、という意味である。

ノーフリーランチ定理は、知的ネット社会においてもっとも重要な《思想の多様性》を理論的に裏づける。加えて以下の2つの理由により、ノーフリーランチ定理を [知的ネット社会における] 最重要な規範の一つに位置づける。一に、我が国において大東亜戦争(:太平洋戦争)直前及び戦中に生じた全体主義による損失を教訓にする。二に、知的ネット社会に、陳腐化・硬直化を防ぎ、自らを発展させる自己革新能力をもたせる。

より良い都市を造るためには

TED ピーター・カルソープ: より良い都市を造るための7原則

要点:
・公共交通
・「ミックス」 (複合開発、様々な所得階層の混合)
・歩きたくなる街

ピーター・カルソープ: より良い都市を造るための7原則 | TED Talk (読みやすいように、句読点を追加)

根本的に、我々が都市をどう形作るかには、我々が背負う人類のあり方が表れます。ですから、正しい答えを見出すのは、こんにちの急務でしょう。

車両走行距離(VMT) ― 私が今述べた事です。

[VMT:1戸当たり1万6千km減少]

家庭1戸1年の平均、およそ4万2千kmから、平均1万6千kmの走行距離を削減するだけで、空気の質や炭素排出量だけでなく、家計にも大きな影響を与えます。こんなに長距離を運転するのは、費用がかかります。そして知ってのとおり、中流階級はやっとの思いで生活しています。

… 手頃な住宅価格の擁護者達は、環境保護活動家や政治家とも手を組まず、皆が皆と争っていましたが、やっと同じ目標を見出しつつあり、それは本当に変化をもたらすことになると思います。

LAではこうした努力の結果、より公共交通機関向けの都市へと、変化するように舵を切りました。実際に2008年以降、公共交通機関債 4000億ドルを発行し、新たな高速道路建築へは投資しないと、決議してきました。何という変貌でしょう。ロスは車主体の街から、歩行者や交通機関の街へと変わるでしょう。

どうやって? 最も魅力に欠ける土地や商店街の、空間がある場所に交通機関を加え、複合開発を加え、新たな住宅需要を満たし、既存の近隣地域の周りを複雑化し、面白く、歩きたくなるようにするんです。

中国政府の高官たちは、7つの原則を取り入れ、実際に適用しようとしています。この7つの原則はシンプルで、世界中どこでも通用するものだと思います。 …

2つ目は「ミックス」。

[複合開発、様々な所得階層の混合を促す]

複合開発は人気ですが、私の「ミックス」は、様々な収入や年齢層、そして様々な土地利用と言う意味です。

歩きたくなる都市。

[歩行を促す道路、人間サイズの街並み]

素晴らしい都市では人々が遊歩を楽しみます。散策できない所には行きません。皆さんが休暇に行くのは、散歩が楽しめるような場所です。ならばどこでも歩けるようにしては?

乗り物。

[高品質な交通機関、安価な高速バス網]

我々はもっと交通機関に投資すべきです。魔法の解決策などありません。自動運転車は解決してくれません。実際、自動運転車は他の策よりも、交通量と車両走行距離を増やす結果になるでしょう。

興味・関心を確保する

他者の興味・関心を確保することは、重要です:

岡田斗司夫ゼミ2017年12月31日号「Youtuberは? アイドルは? 2028未来予想~10年後の話をして鬼と一緒に大爆笑! 大晦日SP」

29:08~

武力ではなくてですね、
面白さとか、かわいさとかですね、
毎日百回更新するというですね、
人類にはとてもできない進撃速度で、僕らの日常生活の興味・関心を持ってしまう。

21世紀のAIはですね、人間をエンターテインメントで支配して、、、支配じゃないんですね、
フォロワーを最も増やす、ということになるんじゃないか、と思います。